songs of wind

NO HORSES,NO LIFE. とある精神異常者の理詰めによる万馬券を追い求める日々

Category:競馬 > IPAT馬券/SPAT4馬券

で、直後のながつきS。
ダートの千二も良とはいえかなり時計の出る馬場。
この状況なら前が速くなれば千四くらいに適性ある馬に有利。
前走で復調気配あるラインシュナイダーは千四以上に実績あり、ここも内から前に行けそうで狙い目。
シャインヴィットゥは速い持ち時計あり、ヒロシゲゴールドはこのメンバーなら力上位。
でも今思うとゴールドクイーンを軸にしてないのはおかしい、自分の理論からして。

結果ハナ切ったゴールドクイーンはテン33秒0で飛ばして後続の脚を封じ込め完勝。
前で粘るシュウジをラインシュナイダーがに交わして3連複万券。

馬券は1頭目の軸にシャインヴィットゥが入ってないけど選択忘れ。
3頭軸として買った。



2019_4nakayama6_11r

セントライト記念と言えば個人的にはキタサンブラックが勝った年の馬券。
意味不明に人気のないキタサンブラックから、内重視で2頭目の軸にブービー人気ウイングチップ。
ハナ差で3連複40万を獲り逃した強烈な悔しさの残ったレース。

で、今年も内有利前提での馬券。
渋ってはいても時計はそこまで掛かっていない、いや寧ろまだ軽いのではないかという馬場。
青葉賞と同じ様な状況。じゃぁリオンリオンは大丈夫じゃないかと。
で、内有利な感じもかなりしてた。
で、なんとなく買った馬券なんだけど、まさかこれで万券とは…。
未だに信じられないんだけど、なんで万券になった??

それより最終の35万…。これを獲れる様な競馬力を養いたい。



2019_4nakayama5_11r

なんか今日は馬券をよく中てられた。
7鞍買って4鞍的中、なんと的中率5割超え。
穴党の自分としては中りすぎ。
とは言えこれ以外は安いんだけど…。

札幌の芝は昨日の雨もあり時計掛かり気味。
実は安いながら芝の千二で行われた直前の10Rも的中したんだけど、
これが見事に外枠3頭での決着。
確かに自分も外差し狙いで買って中ったんだけど、
ならば中距離のここは前残りを狙ってみるのも手では?
自信はないのでBOXを組んでみたんだけど、うまくいった。
結果、1000m通過は61秒2だったけどそこから早め早めのロングスパート勝負になったのか
2:02.4という平凡な時計にしてレース上がり37秒5というダートかと見紛うばかりの消耗戦。
そこで差してきたのが長距離実績あり内枠だったゴールドフラッグだった。
4着のドゥーカを持ってなかったんだけど、後から見返してみればこれは持っとくべき馬だったな…。
爆穴だったし、そこは反省材料。

まぁ、とりあえず結果出せてよかった。



2019_2sapporo3_11r

とりあえず庭のはずの小倉千二で2週連続結果出せた。
人気のメイショウキョウジはmileくらいまで距離こなし、今の時計速い馬場歓迎で仕方ない。
相手にも前内有利想定で3頭選んでなんとなく引っかかった。
なんとなくじゃいけないんだけど、現状ではこういうなんとなく引っかけるのを増やせないとどうにもならない。
あまり会心の一撃って感じではないけど、まぁ結果出せてよかった。

2019年2回小倉3日12R

2019_2kokura5_12r

また1ヶ月開いてしまった…。

2週連続で小倉に行ってたんだけど、今日は番組的にあまりやる気が起きなかった。
古馬の小倉千二にやる鞍がなかったから…。
筑紫特別10頭立てじゃやる気にならない…。
結果的にも大した配当にならずケンして正解。
ならばと午前中の未勝利に手を出してみたら上手くいった。
人気のサトノソレイユはmileで先行して安定した成績。
以前のぼくなら時計の速い馬場は距離こなす馬にはスピードが足りないと勘違いしてたけど
先行できれば時計の出る今の馬場ならまず凡走しないだろうという見解。
あとやっぱり内が有利そうなので最内のグレースベイから。
ステラバローズに関しては1戦しかしてないけど大して負けてないし、人気ないなら。
まさかハナ切るとは思ってなかったけど。

で、結局サトノソレイユが抜け出したけどグレースベイが手応えで見劣る。
それでもゴール前しぶとく伸びて首の上げ下げをなんとか制してくれた。
期待の新人斎藤新で初めての万券。

もうちょっと結果出さないと…。

2019年2回小倉3日3R3歳未勝利

2019_2kokura3_3r

こんな会心の一撃いつ以来だろう…。
川崎初の万券的中は文句なく地方での自己最高配当。

なんか馬場は重いのかと思ったけど、さすがに南関の馬場はよくわかってない。
ゴールドクイーンかサルサディオーネかどっちかがハナだろうとは思ったけど、
どちらがハナかで全然違う競馬になるんじゃないかと思い、
ゴールドクイーン頭の3連単とサルサディオーネが残った場合の3連複も買った。
結局ゴールドクイーンがハナを切り切れずサルサディオーネがハナ。
サルサディオーネの人気がないのわかってたからこの時点でかなり期待してたんだけど、
直線向いてファッショニスタが抜け出してサルサディオーネが粘る期待通りの展開。
どれが来ても的中状態の中で、けっこう色気を持って買った
単勝310.1倍のローレライが最内強襲!
さすがにこのオッズの馬で的中したの初めてじゃないかな…。
爆穴党の面目を保てて本当によかった。
サルサディオーネもローレライも2本目の万券的中、ありがとうございます!m(__)m



2019_4kawasaki3_11r

また1ヶ月結果を出せなかった…。
ただ、なんとかまともな予想に近づきつつはある。

ようやく納得のいく配当となったパラダイスS。
前日からの雨で3週前までの高速馬場とは明らかに違う。
時計はかかるけどあまり後ろからの外差しもよくない。
ある程度の位置につけることも重視。
ショウナンライズは府中の千四に変わり、先行できそう。
キョウワゼノビアは時計かかり気味の馬場が合う。
テトラドラクマは最内に入り、上がりかかればで選択。
結果、トミケンキルカスが無理しなかったことによりツーエムマイスターの単騎。
ドスローからの上がり勝負になり、前残り決着。
キョウワゼノビアは福島の千二(福島中央テレビ杯)でもお世話になってて
2本目の万券的中となった。



2019_3tokyo8_11r

正直、目黒記念の方がまだ穴狙いし易かった。
でも、どうしてもサートゥルナーリアがそこまでの馬という感覚も持てなかった。

どうにかして穴馬を探し出そうとした結果、結局は前内有利の高速馬場で最内枠の先行馬。
血統に疎いぼくには、ロジャーバローズがディープ産駒だなんて終わってから知ったくらいのもの。

Cコースに変わって土曜から思いっきり前残りが頻出。
京都新聞杯のレベルなんてたかがしれたものだったかもしれない。
確かに力は皐月上位3頭が上としか思えなかった。
でも、やっぱりあぁいう特殊状況下ではぼくみたいな穴党は穴馬から入らないと絶対後悔する。
前回の万券から既に1ヶ月が過ぎようとしてたけど、やっと獲れた…。

結局リオンリオンが1000m通過57秒8という玉砕逃げ。
こういう競馬で離れた2番手、ロジャーバローズにはお誂え向きの展開。
正直57秒8って見た時にもしやって思った。
直線向いて手応えもよさそうに見えたし、上がりもかかって後ろからは脚を使えない。
こういう競馬だとやっぱり前内有利。
ダノンキングリーも抜けてきて後は3着争い。
サートゥルナーリアが先に抜け出してきてたけどヴェロックスが差してきてる!
「交わせ!交わせ!」って久々に叫んだ。
まぁこれでも安いけど…。

とりあえず安田記念を前に結果を出せてよかった。



2019_2tokyo12_11r

やっと来た…。
淀のダートは良まで回復してたけど朝は稍重だったし、上がりも出ててまぁ軽そう。
スマートレイチェルは単騎の逃げが見込めたし、アディラートは軽い馬場いぃ。
3着に差してくる馬で期待したのは少し長めの距離で結果出してる馬。
サザンヴィグラスは中央入りしてから千二使ってたけど門別ではマイル以上で走ってた。
この距離延長、見逃せなかった。



2019_3kyoto3_12r

先週の中山の芝は高速馬場。
上がりも出ていて、となれば狙いは少し長めの距離をこなす馬。
人気のレジーナフォルテは時計もテンも速く仕方ないとして、
ビップライブリーは元々千四やマイルで走ってた馬。
近走千二でも位置はある程度とれていた。
まさか2番手追走とは思ってなかったけど、テン33秒9は速くない。
そうなればこの馬には楽になる。
外からカイザーメランジェが突っ込んで楽に万券獲れた。



2019_3nakayama6_11r

ここ最近自分の中で考えてたことがあって、週中に違う形ではあったけど
なんとか形にすることができた。
で、それを作る上で使ってたのがこの房総特別。
中距離での爆穴馬券を目指してはいるけどやっぱりぼくの庭は芝のスプリント。
週中からシャドウノエルには注目してて、結局直前でもこの馬中心の考えは変わらなかった。
ラッシュアウトも現級勝ち鞍のあるコースにしては人気がない。
緩いペースでいければって感じで軸にしてみたら見事にハマッた。
できれば3着はタイセイブレークの方がよかったんだけど仕方ない。
とりあえず新しい予想法で一発目で結果を出せてよかった。



2019_2nakayama5_9r

やっと来た…。

格付けとは裏腹に阪神Cよりも明らかにメンバーが揃った一戦。
開幕週らしく時計が出るからやはりマイルくらいを戦えるくらいでないと厳しい。
ロジクライはマイル戦での実績充分、馬場も合う。
中団からの差しにはなったけど、思った通りジリジリ差を詰めてきた。
内有利ではあるだろうと思い、ここでは力が上のレッツゴードンキと
マイル実績と先行力・追走力からヤングマンパワーを軸にした。
ヤングマンパワーは先行できなかったな…。
一応拾っといたスマートオーディンが大外から吹っ飛んできてくれたお陰で獲れた。
この馬を軸にできる競馬力を養いたい。



2019_1hanshin2_11r

昨日のはともかく、今日の淀短距離Sは完璧に中てられた。
外差し、時計が出ないしス大して速い流れにはなりそうにない。
上がりがかかるから外から一気に瞬発力を使える場面。
(瞬発力=速い上がりではない)
新潟直千に実績あるナインテイルズは元々は時計の掛かる馬場を得意にしていた馬。
ここは外から伸びる姿を期待できた。
そして、ティーハーフの瞬発力。
これを予想できる様になったのは競馬力がついてきてる証拠だと思う。
直線はもう自分の思い描いた通りのことが起こり過ぎて逆に怖いくらいだった。
今日のは自慢してもいぃよね。



2019_1kyoto5_11r

獲れるところできっちり獲ることは大事なんだろうけど…、
こんなんじゃとてもじゃないけど自慢なんてできない…。
恥ずかしい…。
回顧する気にもなれない…。



2019_1kyoto4_11r

地獄を見た…。
まぁまだまだ地獄の最中だけど…。
買っても買っても中らない。
いったいいくら損してるんだろう…。

やっと来た…。
できれば条件戦で結果出したいけど贅沢言ってられない…。

今開催の仁川の芝は時計が出てたけど
先週から雨の影響が出てきてて昨日今日また降って時計掛かり気味。
これなら大して速いペースにはならないんじゃないかと
逃げられそうな阪急杯勝ち馬で内枠のダイアナヘイローに期待。
ミスターメロディは時計掛かる芝での実績あり、内枠で2頭目の軸に推せた。
で、やけに人気落としてたスターオブペルシャは拾ったっていうより
軸に推そうかと思ったくらい。
なぜあそこまで人気なかったのか意味不明。

さ、次はいったいいつになることやら…。



2018_5hanshin7_11r

もう無理だと思ってた…。
3ヶ月近く全く結果の出せない日々…。
ようやく来た…。

それにしてもウインフェニックスの無視されっぷりは何だったんだろう。
そもそも中山のマイルは実績あるし、
最近は中距離で結果出してたけど時計掛かるならこれくらい走っても不思議ない。
キャプテンペリーも道悪得意だし。

まだまだ自分の理論を完成できないけど、とりあえずよかった…。



2018_4nakayama8_11r

もう2度と万券獲れないとかと思ってた。
馬券がだめすぎなせいで資金というか全財産もほぼ底を尽きかけている。
やっと獲れた…。
武さんありがとうございます…。
あれだけ異様なまでの超高速馬場、この馬のスピードを信じるしかなかった。
相当なハイペースになるはずで、内有利な結果になることも想定済み。
結果ダートの千四でテン33秒5という凄まじい入り。
それでいて上がりはメンバー中4番目の35秒6でまとめてJRAレコード1:20.3。
この馬の資質と武さんの乗り方が最高の結果を生んだ。
それもこれも馬場なくしては語れない。



2018_3chukyo4_11r
2018_3chukyo4_11r_trio



2018_2tokyo3_11r

馬券獲ったのいつ以来だろう…。
1ヶ月くらい何も中てられてなかったんじゃないだろうか…。

でもここはかなり馬券的に妙味。
持久力勝負に持ち込めばここでは抜けてる感のあったテトラドラクマ。
同じ府中のマイルの未勝利勝ちのインパクトが断然。
厳しい流れに持ち込めば頭はこれだろうと思うのはそう難しいことではない。
で、先行して上がり掛かり気味に勝ち上がった馬を選んだら的中した。
差しが利いた場合もディープ重視で買ったけど、
最近にはないほど見えてたレースだった。
7万もついて本当に美味しかった。



2018_1tokyo6_11r2018_1tokyo6_11r_x

恥ずかしい。
何の為に競馬やってるんだろう。
こんなくだらない成績を残す為にやってるんじゃない。
自分が何をやってるのかわかってないまま馬券買ってるから中てられるわけないんだけど。

これだって中京ダートで人気が行けない馬ばっかりだから
前から買っただけの、全く自慢できない馬券。

死にたい。



2018_1chukyo3_11r

昨日の中山の平場の分です。

2018_1nakayama3_7r

苦しい…。
結局いきなりの3日間開催、的中これだけ…。

乾いてかなり外差し有利、そこまでテン速くないだろうとの予想で
これはもうビックリシタナモーが届くだろうと。
(前があまりリードを築けずに大して速くもないのに垂れる馬場)
で、タケルラグーンも連れてくるんじゃないかという予想。
一応前残りの馬券も買っといたけど、これが菜七子絡みの初万券。
けど3日間でこれだけとは…。



2018_1nakayama3_7r2018_1nakayama3_7r_x

最終も見事に笑うことができた。
ここは11Rとは逆に前が速くなりそうで、一転前潰れ狙い。
前潰れで上がりはかかる。そう、ギャラクシーSと似た雰囲気。
ならば選ぶべきは長めの距離に実績ある差し馬。
ただそれだけで選んだ5頭。
とは言えこれ1・2・3番人気と6・7番人気だったんだよね…。
それだけで考えるとあまりにも面白味のない…。
それがまさかの1・2番人気が飛んで残った3頭で決着するっていう…。

まさかの大井初の一日万券2本的中だった。

2017_16ooi4_12r

JRAの方は最後まで苦しまされたけど、昨日は東京大賞典。
朝からごちうさの劇場上映を観る為に福岡にいたんだけど、
東京大賞典の為に大井観戦しようとネットカフェに入る前に中洲に場外(BAOO博多)あるのを思い出した。
すると、excelみたいに全席指定になってて、なんとぼくが最後の一席。
しかも専門紙までついてきた。まぁ読み慣れたブック一択なんだけど。

で、9Rでこの前万券獲らせてくれたロードメビウスから買って3連単的中も80倍台。
ガチガチだった東京大賞典を普通に外し、時間があるから最後までやろうとその後もBAOOに残った。

11Rは1頭抜けて速そうなケンスペクタクルがおり、1F延長になるけど
まぁ鞍上も森泰斗だし変な間違いは犯さないだろうとここから3連単1着流し。
で、ケンスペクタクルが勝つにはまぁスピードの違いでハナに立って道中緩めての押し切りかと。
そんなわけで差してくるならマイルで緩い流れで差してる馬、或いは千八以上で差した馬。
あとはもしケンスペクタクルがやらかしちゃった時の為の3連複BOX。

結局発馬失敗したけどスピードの違いでハナに立ち危なげない押し切り。
2・3着にそこそこ人気の薄かった馬が来てくれた。

で、これが今年最後の万券的中になるかと思ったんだけど…。

2017_16ooi4_11r

今週唯一の的中。
ほんと、どうにもならない…。

内がいぃからまぁ馬場重視で獲った馬券。
上がりがかかるけど距離は長めの距離をこなせることが要求されていそうな馬場。
それっぽい馬を探したらサルダーナだったっていうだけ。
もっとつく馬券獲らないと…。



2017_5nakayama7_9r

苦しい…。
苦しすぎる…。
毎日死にたくて競馬観てても万券獲っても幸せを感じない…。
20万獲った時も今後の不安が強すぎて大してうれしくなかった…。
そうこうしてたら馬券も全く中てられなくなってる…。

悩み過ぎて手を出したダートのmile and a half…。
以前なら見向きもしなかったコース設定。
今年明らかに中距離で大きいのを狙いに行ってたけど
ここまで来ると既に長距離…。
自分自身の変わり様に驚く…。

パサパサに乾いて上がりのかかる中山ダート、スローでも多分ズブズブの競馬だろうと…。
ハヤブサライデンなんて上がり40秒0で3着に残るんだから…。
こんな楽に観てられた万券も珍しい…。



2017_5nakayama6_9r

確か夏の小倉の千二以来の芝での万券。
ずっとダートでしか結果を出せてなかった…。

ここはまず、前走スローで逃げ切ったクロコスミアなら
多分そう速い流れにはならないだろうと。
で、速い上がりは使えるみたいなので差し馬は瞬発力重視。
ならば微妙に人気落としてる感じでここなら実力上位は間違いないミッキークイーン。
で、あとは内枠で先行できそうなモズカッチャンとトーセンビクトリーに期待して
また内枠先行有利な予想。
で、最内枠とはいえまさかのクインズミラーグロがハナ。
これなら結局はスロー展開。
軸にはしなかったけどクロコスミアが粘ってくれた。
でもこの決着で3連複2万は正直美味しいのでは。
ヴィブロスとかルージュバックなんて外枠引いてしまい、
スローの鋭さ勝負では正直危険なのでは。
実際直線向いてからのミッキークイーンの弾けっぷりはさすがだったし。

でもこれじゃ満足なんてとてもしてられない。
今週以降も精進しないと。



2017_5kyoto4_11r

20万馬券的中の反動か、それともいつもの馬券下手か。
また苦しい開催となった。

そんな中、またしても淀のダート千八での万券。
ただ、先週の馬場とは明らかに違っていた。
先週はダートの道悪なのに馬場が重く、上がりがかかる馬場。
今週は良でも先週ほど上がりはかからず、勝負所で一気に脚を使える馬場。

このレース、正直ギリギリまでどの馬を中心に据えるか決めかねていた。
どっちかと言うと差しが利いてたので昨日の馬場ではとにかく脚を使える馬。
とすると千八より短い距離で結果を出してる馬。
真っ先に浮かんだのは千四でも一瞬の脚に定評のあるキングズガード。
ただ、マイルの前走でも距離は長そうな印象で更に1F伸びてどうかの不安あり。
前走道悪で上がりの速い競馬で不覚をとったテイエムジンソクは
上がりが速くならなければ安心して観ていられそう。
2頭目の軸を先に決めてしまい、最後まで短めの距離で実績ある馬を探したら
ルールソヴァールだった。
ただ、マイルの前走ではジリジリとしか伸びておらず、果たしてこの距離に変わって
一瞬の脚を使えるのか、と思ってたら見事なまくり。
やっぱり距離が違えば使える脚の質も違ってくるのだろうか。
キングズガードはさすがの伸びだった。
今回は3頭とも道中外を通っていた。
テイエムジンソクが強い競馬を見せただけに3連単で買えば…。
まぁそれでも終わってみれば会心の馬券だった。



2017_5kyoto2_11r

苦しみ続けて皐月の17万馬券から半年、ついにやった…。
今年2本目の10万以上の配当にして自己最高配当記録になった。

昨日の淀のダートは重発表とはいえ上がりのかかる馬場。
なんか前内有利な競馬になりそうと言うか、なってほしかった。
で、前に行けそうな馬がいぃ感じに人気がない。
リアルプロジェクト様は千四での実績あり前々つけられそうで、
後ろからは速い上がりを使えない馬場であれば、という狙い。
で、そんなに速い流れだったのかどうかよくわからないんだけど、
直線での各馬の脚の上がり方からして消耗戦になってくれたっぽい。
道中内々通って直線外から差し切ったブライトンロック様にも(千八より短い)マイル実績があり、
そして内枠の先行馬で期待したサンライズウィズ様が一旦交わされながら奇跡の様な差し返し。
ゴール前は信じられない気持ちで観ていた。

で、まさか20万もついてるとは思わなかった…。
3連単が100万ついてないのも意味不明ではあるんだけど。

本当にありがとうございました!!!!!!!!!!m(__)m



2017_4kyoto8_12r

やっと中央で万券…、ってこれまた間違えて買った…。
ほんとはメイショウグンパイじゃなくて隣のオリエンタルダンス固定のつもりだった…。
買った直後に気づいたんだけど…。

とにかくこの日の新潟ダートは内が明らかに有利だった。
外枠は思い切って切ったのが功を奏した。
特に1番人気のグランアラミスは外枠で乗り替わりでもあり、
ここは飛ぶ雰囲気がありありだった。
メイショウグンパイが勝てたのは2番手追走できたことが大きい。
馬場は渋ってたけど上がりはかかってたし、
速い流れになって千四もこなすスタミナが活きたと思う。

でもやっぱり間違えて買った馬券だし、ちゃんと結果出したい。



2017_3niigata2_7r

JRAで3日間やられまくった後、とりあえず考えられる穴狙いだけを形にした馬券。
もうここはノボバカラかウインフルブルームが前で残る結果しか期待しようがなかった。
上位人気だけの3連単だなんて愚の骨頂。
そんなもん買ってお茶を濁すよりこういう馬券を買わなきゃって
今まで勉強してきたことが実を結んだ馬券。

lapが発表されないからはっきりしたことは言えないけど、
盛岡のダートって深いとか言われながらかなり速い時計が出る。
上がりも速いし、3着にキングズガードが来たことを考えても、
速い流れで高速決着の、短めの距離適性が問われたか。
そう言う意味では今年の皐月と似た様な競馬になったんだと思う。



2017_8morioka6_11r

苦しみ続ける中、やっと獲れた万券はまさかの大井。
しかも重賞以外で地方初の万券的中。
で…、回顧したいところなんだけど未だに地方がよくわからない。
ほんとにたまたまうまくハマッてくれただけ。
1つ前のレディスプレリュードがあまりにもくだらない馬券に終わってしまって
これじゃつまらないって思って予想してみたのがたまたま…。
まぁロードメビウスは大井千二得意にしては単勝が30倍以上ついてた
(最終的には1,270円)から目をつけたんだけど。

明後日から府中開幕。どうやって攻略するか…。

2017_12ooi4_12r

どん底だった…。
いや、今も大して変わらない…。
どうしても万券が獲れない日々…。
まぁ今までだってそんなのずっとあったけど…。

久々に獲った中山ダート千八での万券。
道悪で時計が速く上がりはかかる、前内有利っぽい馬場。
となると前が多少飛ばしても楽なペースになるはず。
そうなると先行馬では短めの距離に適性のある馬。
ブレスアロットは千七に実績あり、しかも内枠引いて絶好の狙い。
後は人気2頭のどちらかは普通に来そうだった。
まぁ後になって考えてみればクリノフウジン軸で全然よかったとは思う。

ただ、まさかこれで万券になるとは思わなかった…。



2017_4nakayama6_10r

久々に新潟のダートで結果を出せた。

ここは当然エピカリスの取捨なんだけど…、まぁ結果からしても実力上位は確かなんだろう。
でも、ここはやっぱり断然人気でもあり飛ぶ危険性も考えて買った。
馬場的には上がりがかかる、でも先行有利。
ある程度の位置を取れて上がりのかかる競馬で結果を残してきた馬。
それを考えてローズプリンスダムっていう選択だったんだけど、まさかあぁも上手く行くとは。
まぁノーブルサターンがハナ切るっていう展開を期待して買ったんだけど、
多分そんなに速くはならないんじゃないかと。
で、ローズプリンスダムはそういう流れで先行策で粘り込んでくれないかっていう期待だったんだけど、
結局は控えて前が流れたのが功を奏したのかも。
まぁ今回はあんまり自信もなかったし、褒められた馬券ではない。



2017_2niigata4_11r

やっと来た…。庭であるはずの小倉千二でかなり久々の万券…。

ここは先行が予想される馬に一抹の不安あり、外差し期待で買った馬券。
開幕週ということもあり差しに回れば速い上がりは使える馬場。
予想時点ではここはそうテンは速くはならないんじゃないかという予想。
まぁだからこそ後ろから差されるんじゃないかという予想だったんだけど、
結局テンは33秒4。そこそこ速くなったのかな?
まぁそれでハナ切ったウインソワレがギリギリまで粘ったわけなんだけど、
持続力問われると判断して千四実績を重視したのが正解だったっぽい。

ただ、正直もうちょっとついてほしかった。



2017_2kokura2_8r

しばらくもがき苦しんでたけど、今日はなんか見えてた。
その中で唯一の万券は、会心の一撃。

ハナを切るのは武さんのエリシェヴァでよさそう。
ただ、8Rの平場を確認すると異様なドスロー。
これは何かあると思い、しかも武さんで馬が抜けて速いなら
緩い流れにしてしまうのではないかと。
スピードで一気に押し切る競馬をすればエリシェヴァでいぃだろうけど、
緩い流れになった場合にエリシェヴァがキレ負けする馬券も買ったらこれが大正解。
ミスドバウィは前走スローの競馬を先行して速い上がりを使って勝利。
10番人気パラダイスガーデンは前走前残りの競馬を大外から最速の上がりで5着。
緩い流れの方が合うし、突っ込んでくるならこれだと2頭目の軸に推したら
上がり33秒3の脚を使う見事な大外一気。
これだけ会心の予想もなかなかできません。
3番人気まで総崩れでこの配当は安い感じもするけど、
とにかく久々に手応えのある馬券だった。



2017_2hakodate3_11r
2017_2hakodate3_11r_trifecta

なかなか成績を上げることができないけど、とにかく今日の勝負レース。
アディラートは未勝利以来目をつけてる馬で、まぁここなら力は上の存在。
ケイマも前走勝ちっぷりよく、馬場も良だけど前有利っぽいし先行できればそう崩れないだろうと。
とは言え当然速すぎれば前潰れの危険性も拭い切れないわけで、
その時の為の3連複も買っといたけど2頭が無理をしなかったことで
ハナを叩いた2頭が垂れた(スターカットダイヤは残ったけど)だけで終わった。
それにしてもよくケイマは残してくれた。

取り敢えず今年2本目の中京での万券もダート千四。
しかも人気2頭からの3連単。
ちゃんと穴馬から獲らないとな…。



2017_3chukyo2_10r2017_3chukyo2_10r_trio

間違えて獲った8万馬券から約1ヶ月。
やっと結果を出せた…。

今週、函館も仁川も芝の速さって言ったらなかった。
めちゃくちゃ高速馬場だった。
結局この函館スプリントSもレコード決着で。
ただ、これだけ特殊な馬場だとやり易い。
速い時計速い上がりで勝ち負けしてる馬を探すのが手っ取り早い。
千四こなせないと厳しい印象。
キングハートはこの面子ではまず最初に目につく戦績だった。
ジューヌエコールは距離こなせて速い上がり使えて3歳、斤量面有利。
セイウンコウセイにしろシュウジにしろ、高速決着には不安があったし
飛ぶ理由はいくらでもあった。
今のスプリント路線レベル低いからG1で勝ち負けしても馬場状況全然違えば
実績あっても実力の違いとか言えないしね。
速すぎてなかなか前が止まらない馬場とは言え
さすがにテン速すぎたかな。差しが決まった。
思ったより安かったけど、最後にエポワスが差してくれて助かった。



2017_1hakodate2_11r

今年2番目の高額配当!
…でもこれ、間違えて買った馬券…。
ヒカリブランデーを固定してるけど、ほんとは隣のドリームドルチェを固定するつもりだった…。

とにかくここはアトランタが出てること。
それにアースゼウスが喧嘩を売りに行って前潰れを狙った馬券。
上がり自体は出てたから、速い流れで速い上がりなら持続力問われるだろうと。
12番人気のゴーインググレートを軸にできたことは自画自賛。

ただ、やっぱり本命を間違えてるからなぁ…。
でも万券は万券。しかも8万馬券。
ゴーインググレート軸にしてるから許して下さい。m(__)m



2017_3kyoto9_10r

今回はあまりいぃ結果を出せなかった府中遠征…。
でもなんとか1本だけ結果を出すことができた。

雨上がりとは言え日照がなく、なかなか回復しなかった府中の芝。
ただ、稍重とは言え差し馬は速い上がりを使える。
ただ、やっぱり一瞬の脚よりは持続させることで速い上がりを使える。
なので狙いは少し長めの距離に適性のある、速い上がりを使える馬。
エンジニアは府中実績もよく、狙い易かった。
まぁなんとか結果出せたけどこれだけ。
酷かったと捉えるか酷いなりに結果を1つ出せたと捉えるべきか…。



2017_2tokyo8_8r

反省ばっかりで、なんとか結果出せたのがこれだけ…。
しかも人気からの面白味のない馬券…。

馬場を観てて思ったのは、前日の雨で渋って時計も上がりもかかり気味。
ただ、瞬発力は利くらしい。
なので一瞬の脚のある差し馬を狙った。
まぁ狙ったって言っても人気なんで褒められた馬券じゃないんだけど…。
マイネルフロストが異様に人気落としてたから美味しい配当になったけど
もっと穴党らしい買い方で結果出したい。



2017_1niigata4_11r

ここ2週の好結果を受けての今週、やっぱり苦しんだ。
直前の春の盾でキタサンブラック頭で買ってギリギリのところで
3連単3連複の万券を逃して憤慨してたんだけど…。

今日は淀のダートは千四が4鞍、未勝利以外で3鞍も組まれてた。
けっこう先週の時点でここは正直中てたいとは思ってた。
で、今日は乾いて差し馬に有利な馬場。
でも基本的に軽い淀のダートは後ろからなら速い上がりが使える。
ここは速い流れになると見て、速い流れで速い上がりなら差し馬は持続力必要。
そこで、ヒロブレイブは以前から注目してる馬。
一瞬の脚はあるんだけど、持続力要求される時に好結果あり。
よくわからない馬ではあったんだけど、千八での実績ありここは狙える。
イーデンホールも同じ理由で、2頭とも外目の枠だったから素直に2頭から流した。
3連単も買ったんだけど道中あの位置でヒロブレイブはよく3着まで突っ込んできた。

なんとか最後の最後で結果出せてホッとした…。



2017_3kyoto4_12r2017_3kyoto4_12r_trifecta2017_3kyoto4_12r_trio2

今日2本目、今週福島での万券も2本目。
9Rの平場から感じたことは、時計がかかるけど後ろからは速い上がりが使える。
速い流れで後ろから速い上がりを使うには持続力が問われる。
ってことで長めの距離への対応力重視。外差しが利く馬場。
で探したらクラウンアイリスだった。
キョウワゼノビアも同じ理由。

今日はけっこう見えてた。
シルヴァーコードはこれで2度目の万券的中。



2017_1fukushima6_11r

開催日2日連続万券的中。
やっと府中が開幕するってことで、とりあえず今週の特別で
一番自分の中での重要度が高いのがここだった。

まず、ここを予想する上で参考にしたのはサノサマーが勝った7R。
マイルなんだけど、千四でも瞬発力を示している馬。
前夜の雨で時計も出ていたのでここは短めの距離への対応力が必須と見て
クワドループルから買って正解だった。
アキトクレッセントは1分23秒を切る決着での好走歴があり、
ここは素直にアキトクレッセント固定の方がよかったかもしれない。

けっこう楽に獲れた万券だった。
ただ、メジャーフォルムはやり過ぎた。反省。
人気じゃなくて適性面におけること。



2017_2tokyo2_10r

開催日2日連続にして待望の福島での万券。
ペイシャフェリスがいるなら前は速くなることを想定。
で、最近の傾向として小倉や福島の芝中距離は上がりがかなりかかる。
ぼくの理論では速い流れ×上がりかかるのは差し馬には瞬発力が必要。
まさかのスローになった時用に前残りの馬券も買ったけど、
速い流れになった時、前で粘る持続力がある馬はいないという予想で
後ろからの瞬発力勝負想定。
それならウキヨノカゼとフロンテアクイーンが有望。
そしたら思い描いた通りの競馬。
正直直線向いた時、届くのかと焦ったけど。
先週と同じく武さんが3着で2万馬券的中。



2017_1fukushima5_11r2017_1fukushima5_11_trio12017_1fukushima5_11_trio2

やっと来た…。
しかもこれでもかってくらい完璧な予想で…。
しかもなんと12番人気の武さんで17万…。

いや、元々人気がおかしいとは思ってた。
トライアルのレベルが低いっていうのは薄々感じてたし、
スローしか経験のないファンディーナが1番人気。
まぁ厳しい流れを克服されても文句言えない様なパフォーマンスを
ファンディーナには見せられてたから一応3連単1着固定も買った。
でもやっぱり無理だったな。

とにかく今日は馬場に尽きる。
昨日から時計が速いとは思ってたけど春雷Sの数字を確認して、
もうこの高速馬場に対応できないと無理だろうと。
そもそもカデナなんて買う価値がないとは思ってたけど
この馬場でほんとに一銭も要らないって思って一切買わなかった。
目をつけたのは毎日杯。時計も上々、上がりもいぃ。
じゃぁアルアインしかないだろうと。
あとはマイルに対応できる瞬発力も必須だと思い、
ペルシアンナイトとサトノアレスを2頭目の軸に。
もうミルコの騎乗にはただただひれ伏すばかり。
しかも武さんが珍しく社台の馬に乗って12番人気という無視もいぃところの人気。
ダンビュライトは府中のマイルでブレスジャーニーの2着があり、
その時のテン3Fも36秒を切ってたからここでも対応できるはずと思った。

我ながら見事な予想だったと思う。
もっとこういう予想をしたい。



2017_3nakayama8_11r2017_3nakayama8_11r_trifecta

この1ヶ月、苦しかった…。
万券を獲る為に点数増やしまくった挙句が何も中てられず
お金が減り続けていく最悪な結果…。
この直前も宮記念で3連複3連単合わせて60点買いという暴挙に出て外し…。

でも、中てる時はこんなもんなんだよね…。
ざっとメンバー見渡して、テンは大して速くならないだろうと。
で、稍重だけど上がりのかかる馬場。
狙ったプリンセスロックは本当は先行馬としての予想。
先行馬で速くない流れで上がりがかかると
持続力より一瞬の脚が要求されるっていうのが今のところぼくの理論。
ただ、プリンセスロックは後発から控えて差しに回ったけど
結果的に上がりは比較的速いものが出た。
スローで上がりが速いと差し馬には瞬発力が要求される。
なので結局は今日は控えたことがよかった。
あとコンドルヒデオは楽な流れを先行できたことがよかった。

プリンセスロックとコンドルヒデオに関しては位置取りが想定とは違った。
もっと完璧に的中させたい。



2017_3nakayama2_12r

苦しみ続けて1か月。
南関にまで手を出して負債は膨らむ一方…。
(借金してるわけではないので「負債」ではないのかもしれないけど)
小倉に関しては未だによくわからない。
この小倉大賞典に関してもなんかハマッてしまったというのが正直なところ。
先行するマイネルハニーかマルターズアポジーか。
どちらかが残って差すのは一瞬の脚に長けた馬。
千八得意で瞬発力=ヒストリカル。
これを表現するのに、なんとなくこうなっただけ。
獲れたけどロードヴァンドールを持ってないことを反省する方が…。
次週以降、まだまだ課題は多い…。



2017_1kokura4_11r

ここ2週で4本目。
今週は中山には凍結防止剤入りの発表はないけど、
上がりのかかる状況には変わりなしってことで
千四実績あって千四では瞬発力(千二では持続力)ある馬を重視。
都合のいぃことに外枠に2頭いて、
結局は千二初めてでもそこまで速くならないだろう
(公式テン3F34秒2)ってこともありワンボーイの方を重視。
先週と似た様な感じで外から2頭ともよく伸びてくれた。
まぁこれで多分先週の初春Sも持続力の方だったんだろうと。
(テン33秒3の速い流れを速い上がりで差すには持続力が必要)
今日は逆に大して速い流れでもない上に上がりもかかってるから持続力。
なんとなく自分の理論も少し理解が深まった気がする。



2016_1nakayama7_8r

やっと中京で結果出せた。
今週3場で唯一凍結防止剤入りの発表(淀も入れてるんじゃないの??)
があった中京のダート。
午前中のレースを観る限り、明らかに防止剤の効果で時計も上がりもかかる馬場。
午前中のレースでは差せる馬がおらず、バテバテで前残りの競馬。
で、ここは先行馬がほとんどいない異様なメンバー構成。
前残りで考えてたぼくは、ここは大荒れもありうると思ってた。
でも、買う直前に考え直して上がりがかかるってことは基本的には差しが利くはず。
で、結局先行馬が少なかったこともありスローの瞬発力勝負に。
差しなら瞬発力と考えた時に有力と考えた2頭が見事に1・2着。
先週の初春Sは今になって考えると持続力問われたんじゃないかと思ってるけど、
まぁ有利と思えた馬が見事に飛んできた結果は今回も同じ。
3単で2万足らずだと穴馬券ではないけど、万券は万券。
これで今年3本目。
今年はコツコツ中てていきたい。



2016_1chukyo3_8r

↑このページのトップヘ