songs of wind

NO HORSES,NO LIFE. とある精神異常者の理詰めによる万馬券を追い求める日々

Category:競馬 > lap time

結局瞬発特化型ばかりが上位を占めた東京優駿。
ブラックシェル固定のディープスカイとタケミカヅチ軸でスマイルジャックを切るという大失態…。
まぁでもスマイルジャックをそう評価していたわけでもないので仕方がない。
ぼくの観る目がないだけ。

それにしても▼4△4△2という平坦戦決着になってしまった。
これが果たして今後どう影響していくのだろうか。

さぁ、次週いよいよ待ちに待った安田記念!!

なんであそこまでえげつないほどの瞬発戦に…。
ショウナンアルバはいったい…。
7F目まで弥生と酷似したlapなのに、そこから▼11△3△10…。
川田はあの馬の脚の使い処を知ってるな…。
デイリー杯も超瞬発戦でタケミカヅチとの1・2着。
もちろんこれは偶然ではない。
メンバー中でもslowからの瞬発力勝負に秀でた2頭が連対したということ。
ってことはこの結果は東京優駿にも繋がるか?
まぁ上がりのかかる馬場になってれば…。

結局また▼4▼1△10の平坦戦になっちゃったんだけど…、
レジネッタは仁川の外回りに適性あるってわかってたじゃん…。
馬場だって外差しだったじゃん…。
なんでレジネッタで勝負できないんだか…。
エフティマイアも復調気配は感じてたのに馬体減で切ってしまった…。
ソーマジックは瞬発戦の経験すらなかったから一応持ってはいたんだけど…。

桜が毎年外枠大活躍なのは偶然ではないだろう。外差し馬場になってるし、外から内を観ながら競馬するのがいぃのでは。
この傾向はもちろん馬場をちゃんと観察した上でだけど、踏まえて予想しなければ…。

結局最終週まで速かった。
で、内がよかった。
直線向いて外から差して来たのは瞬発力のある馬が外に出して伸びただけだろう。
内がよかったのは確か。大外ブン回しでは辛い馬場だったはず。

で、千二で消耗戦もあったけど上位は平坦型ばっか。
宮記念まで平坦戦。
もうこれは今開催の特徴を如実に表す結果となった。
とにかく瞬発力を要求された開催だった。
ここで好走した馬、次走福島で人気なら疑ってかかるべき。

Bコースに変更してやはり高速馬場に。
土曜なんてまた500万で1:07.9なんて時計が。
日曜の準OPが1:07.8とcomma1秒しか変わんないけど、
日曜の方が時計がかかり気味だったからさすがにlevelは違う。

lap面では、鈴鹿特別で今開催初の純粋な消耗戦に。
ただ、2・3着が平坦型ということを考えるとやはり瞬発力勝負傾向は変わらないのか。
それにしてもトリトンSのベイリングボーイ、鬼脚使ったけどなんと上がり33秒0!!
こんな上がり中京じゃ滅多にお目にかかれない。
新潟か…。

結局一日潰された…。
競馬の為に仕事してるのにこれじゃ本末転倒だよ…。

鈴鹿特別でついに消耗戦に。
Bコース変わりでようやく本来の競馬に戻るのか?
芝はかなりの高速馬場。

馬場(芝)に関しては、金曜に降った雨の影響は不明。
と言うのも土曜の午前中の未勝利戦は時計が出ていて前も残っていたんだけど
午後は一転時計がかかって外差しに。
で、日曜は一日時計が出ていた。ただ、午後はやはり差しも利く。

lapに関してはこの開催の特徴となっている瞬発力勝負傾向。
先週2日間はまたしても消耗戦皆無という異常事態。いや、最早これが当たり前か。
千二も全て平坦戦だった。
今開催の中京好走馬が次走福島を使って飛びまくるのが目に見える様だ。

某SNSに挙げたマイネレーツェルが劇走…。
単勝5000円以上つけた…。
でも馬券は中らないまま…。

結局平坦戦になったけど、ラベも加えた上位4頭中レジネッタだけは瞬発戦に適性があるはず。
はっきり言って桜で期待できるのはレジネッタくらいのもんだと思う。

開幕週より時計の出ていた先週。
日曜に至っては古馬500万の千二でなんと1:07.9の高速決着。
開幕週が少々時計を要していたのであんな速い時計が出るとは驚いた。
それから考えると中京記念の時計はそれほど速いとは思えないんだけど。
月曜に芝刈りやった効果が出たのか?
でもこういう時計の出方も珍しい。

lap面ではdirtの千でようやく消耗戦に。
芝の中距離でも平坦戦が目についたけど、千二の瞬発力勝負傾向には歯止めがかからず。
土曜のはなのき賞は最後の1Fだけcomma2秒加速してるんだけど、
ぼくはこういうraceはハナ切った馬と勝ち馬との着差次第ではあるんだけど
消耗戦と考えているし、実際そういうraceは消耗型が絡んでいるcaseが多いと思う。
考案者がこれを読んだら怒るかもしれないけど…。
ただ、このraceは瞬発戦で勝ち上がった馬が上位を占めたので
消耗戦ではなく平坦戦(sprintの瞬発力勝負)と考えるべきだろう。
まぁとにかく、千二が消耗戦にならない。
はっきり言って異常。

暮れの開催同様、芝の千二が平坦戦ばかりだった開幕週の中京。
最後の鞍ヶ池特別なんて上がり3〜2Fがなんとcomma7秒も速くなるという瞬発戦に…。
こんなのはっきり言ってsprint戦のlapじゃないんだけど…。
てかそれ以上に…、予想すらしないんだけどdirtが異常事態に…。
2日間で計10鞍(多すぎる)が行われた千七はなんと8鞍で瞬発戦、
その中でもなんと5鞍が1秒以上速くなるというえげつない瞬発力勝負に…。
5鞍が行われた1000mでもなんと消耗戦0、平坦戦2鞍、瞬発戦3鞍…。
残りの芝二千の2鞍がいずれも瞬発戦で、
2日間でなんと消耗戦が1鞍もないという瞬発力勝負が繰り広げられた中京開幕週だった。
そりゃ確かに小倉や福島に比べて瞬発力が要求されるけど新潟じゃないんだから…。

バレンタインS、平坦戦になると思って買ってるのに3連複でフォーメーション
スクールボーイ固定の2頭目の軸がマイネルレーニアとナスノストローク…。
獲れてた…。
やっぱり馬券の組み立て方が…。

共同通信杯は瞬発戦適性かなりあると見たショウナンアルバからワイド2点流して外れ…。
まぁpaddockも返し馬も観れてないけどさ…。
タケミカヅチの東スポ杯2Sの敗因は何だったんだろうか…。
確かに瞬発力特化型だし今日みたいなかなりの瞬発力要す流れなら来ても不思議ない…。
脚元に不安があったとかハミが合わなかったとかかなぁ…。
あぁ、詰めが甘すぎる…。

a281cfdd.jpg遂に到着!!
これ2,800円もするんだけど…、はっきり言ってこの膨大なdataなら納得!!

多分先週の土曜にlap gearの単行本が発売されたはずなんだけど、
このド田舎には未だに入荷されてないらしい…。
仕方ないから今頃通販…。
週始めに読みたかったのに…。
あー早く読みたい!!

ヴェルザンディ骨折の報。
ただ、土曜のlapを確認してだいたいの馬キャラがわかった様な気がする。
完全に消耗戦になっていた。
馬場も重いし、他馬がバテたところを交わしたという内容。
繋が立ってるからあぁいうraceは合うのだろう。
ニュービギニングに似たtypeだと思う。
ディープみたいな速い上がりを使うtypeではないと思う。

先週から、取り敢えず試験的に中京のみ
全raceの勝ち馬、上がり4Fのlap増減とlap適性、上がり3F時計を
週刊ブックで調べて番組表に書き込むことを始めた。
それで興味深い結果が。
開幕週は芝の千二では平坦戦、中距離では瞬発戦が目立ったのだが、
先週は千二では軒並み消耗戦、中距離では平坦戦が目立った。
同じ競馬場でここまで変化するとは。

とにかく中京で結果を出したい。

速い流れになった…。トールポピーにとって上がり勝負だけが不安要素だったのに。
で、lapを確認したらギリギリ瞬発戦には至らない平坦戦。
仁川の外回りなのに…。
だからレーヴダムールが突っ込んできたんだろう。上がりもかなりかかってるし。
3着にも平坦馬エイムアットビップ。

完全に差し・追い込みの競馬になってる。
なぜ武さんは前に行ったのか…。
まぁでも負けた中で桜に向けて注目すべきはレジネッタでは。
桜で瞬発戦の上がり勝負になればかなり期待できるはず、この程度のmemberならね。

週刊ブック買ったんだけど…、ウオッカが1番人気になるんだろうか…。
アサヒライジングがハナ切って平坦戦にでもなろうものなら、もう古馬からでしょ。
平坦戦巧者ゴロゴロいるし。

まったく…。なんであんなに福永は飛ばしたんだか…。
もうちょっと息の入る流れなら勝ってただろう。

上がりのlapは以下の通り。

11.2−11.3−11.6−12.6

goalの瞬間考えた通りの消耗戦だった…。
それならオディールが勝つだろうさ…。

でもこれでオディールはお客さんだ。
よもや仁川の外回りの瞬発戦の上がり勝負に対応することはないだろう。
頼むから鞍上そのままで阪神JFに使ってくれ…。
誰が乗ろうが無理さ。

秋の盾は府中の二千。
当然瞬発戦。
が、なぜか平坦型が活躍すると雑誌に書いてあった。
lapを見ると瞬発戦なのに…。
去年も平坦型のダイワメジャーが勝った。
ではなぜスイープはだめなのだろう。
流れが厳しく平坦戦になり易い安田は2着したのに…。

今年はムーンが平坦戦にも実績あるし、堅いかなぁ…。
でも棟広先生は荒れるって書いてたし。

もちろん、秋華賞のことなんだけど。
平坦戦の合う2頭。
ダイワスカーレットとレインダンスで勝負するしかないと思い、実行した。
完璧なまでにハマった。
が…、lapを確認してみたら…、上がり4Fは

12.4−11.3−11.1−11.5

という瞬発戦…。
1000m通過が59秒2なのになぜあんな上がり勝負になったのか…。
それは中盤の中だるみに他ならない。
ただ、raceを観返してみるとちょうど速くなった頃、
一気にヒシアスペンがダイワスカーレットに交わされているのだが
もしかしてダイワスカーレットのlapとしては
comma5秒以上速くなってなかったりするのだろうか…??
もしそうなら平坦戦の上がり勝負でレインダンスっていう、
完璧につじつまの合う結果なんだけどなぁ。

生粋の軽い芝である府中と淀。
この2つの競馬場の違いとは何か。
もちろん左回りと右回りの違いもあるけど、やっぱり直線の坂か。
で、芝のraceのlapを調べてみるとその違いが明らかにわかった。
府中は千八以上では残り3F〜2Fにかけて一気に速くなる瞬発戦になり易いのだが、
淀は平坦戦になる確率が府中と比べて多いと思う。
平坦戦と言えば、やはり小倉・札幌・函館などlocal競馬場。
やっぱり直線が平坦な分、lap面でも平坦戦になり易いのだろうか。

月曜に週刊ブック買ってからずっとlapを確認してる。
楽しい♪
アホでしょ。(笑)

やっと結果を出した。
けど、これって今までとかなり違う。
自信度がかなり違う。
まぁ最近だんだん中り出したってのもあるのかもしれないけど、
やっぱりlapを分析し出したのが大きい。
今まで単に馬場に合う馬を探してたけど中らなかったのはlapを無視してたからだと思う。

もちろん馬場は基本。
今でもまず馬場を気にする。
でもやっぱりraceの流れっていかに大事かを痛感させられてる。

ぼくが最近調べてるのは上がり4Fのlapの増減なんだけど、
やっぱり最後の4Fだから道中のlapも影響してくるはずで、
ここを調べればraceの流れはなんとなく掴める。
まぁ難しいのは結局買うraceがどんな流れになるか。
それが予想できれば後は棟広先生の理論から浮上して合致する馬を探す。
で、馬見で危険な馬を探したり適性を見極めたりする。

今日は結局馬券下手が出て万券のあれしか中んなかったけど
予想としてはかなりの精度だったからこれからも精進せねば。

先日ここに書いた様に、今ぼくは馬場と馬見とlapで予想している。
そのうち、馬場とlapに関してはやはり"適性"が鍵になってくる。
まぁもちろん馬見においても適性を探しているわけだけど。

棟広先生の理論に巡り会った時から、ぼくの競馬に対する思考はかなり変わった。
それまではopenのraceばっか観てて自分なりに感じた各馬の力を考えた、
今思うとはっきり言って中るわけのないやり方だった。
まぁそんな人は世に腐るほどいるんじゃないかとは思うんだけど。

でも、その時以来、競馬は能力を適性が凌駕すると思う様になった。
世に存在する実績馬が惨敗しても、単にその馬に問題があるとは思わなくなった。

小倉にいて馬券を買っていても、馬券が外れたのを自分のことを棚に上げて
騎手や馬のせいにして文句ばっか言ってる人がいる。
まぁたまに文句言いたくなるraceもあったりはするけど。
でも、ぼくも含めて単に外れた者の勉強や思考が足りないだけなのだ。
例えば今までハナ切ってた馬がハナ切らずに敗れて
ハナ切らなかった騎手のせいにしたりする。
けどその馬がハナ切れなかったのには理由がある。
体調がよくなかったのかもしれないし、脚元に不安があったのかもしれない。
これは馬見を極めればだいたいわかる様になるだろう。
他にも、馬場状態や枠順、course形態が合わなかったのかもしれない。
もっと単純に、他にその馬よりテンに速い馬がいただけかもしれない。
これは各馬の適性や能力を掴めていなければならない。
いつも同じmemberで走ってる訳じゃないんだから。

人間だって得意なraceの流れや不得意な流れがあるはず。
同じ上がり3F33秒8でも
11.4−10.9−11.5
というlapと
11.0−11.2−11.6
というlapでは全く意味が違うということを今更ながら知った。
だから各馬の能力の見極めはもちろん、適性を知るのはとても重要なことだ。

競馬ってめちゃくちゃ奥が深い。
だから、中てたい。

一昨日、競馬場に行く途中にできた新しいファミマで競馬雑誌を立ち読み。
lapに関することが書かれていた。

今までもlapには興味はあった。
でも、なんか面倒っぽくてほとんど勉強してこなかった。
しかし、ぼくの一番尊敬する棟広良隆先生もlapに言及されることがある。
それに、ぼく自身競馬をgambleではなく完全にsportとして考えて予想する。
まぁお金にしか興味のない様な、わけわかなdataで儲けまくってる
(ほんとかどうかは知らないが)
人々にはぼくの考えはばかげてるとしか思えないだろうけど。
ぼくだってそんなので中って(中てるではなく中る)ても全く尊敬できない。
まぁ別にそういう人々を非難する訳ではない。価値観が違うだけ。

とにかくぼくは競馬=sportでやってるんだからやっぱりlapを考えるべきかも。
馬場と馬見とlapでこれからは予想してなんとかまた万券獲れる様になりたい。

↑このページのトップヘ