songs of wind

NO HORSES,NO LIFE. とある精神異常者の理詰めによる万馬券を追い求める日々

Category:競馬 > 予想

どうにも結果が出ないので、少し自分の予想法をまとめてみる。

まず、能力・適性把握。
これは前週の競馬開催後の特別登録馬のlap分析作業、木曜の平場出走確定馬のlap分析作業と前夜・当日に改めて確認。

で、馬場状況把握。
これは金曜にJRAから発表される馬場情報を確認するけど、当然ながら基本的には当日確認するしかない。
走破時計や上がり時計の把握、lap傾向など。
もちろん実際race映像を観てどこを通るのが有利かを考える。
場合によっては血統傾向も。

そして、展開予想。
これをやるにはまず馬場状況把握しておかないといけない。
で、各馬の脚質とテンの3Fと上がり3Fの推定時計・lapgear予想や近走の敗因把握など。
もちろんcourse形態や枠順も重要事項。
そこからどの馬がハナを切るのかを考え、勝負どころで何が要求されるかを考える。

ぼくは適性>調子というstanceなので調教はほとんど気にしていない。
現状調教時計というか各調教courseの基本的な時計の出方を知らないし、それより適性を把握している方がよっぽど結果に結びつくから。

これだけ考えてれば、馬券が的中するかどうかはともかくそこら辺の人よりはよっぽど精度の高い予想はできる。

秋のG1第1弾。
中山の芝千二は(多分他場の芝千二も)、上がり4Fで前の区間より速いlapが1度もない消耗戦(以下E)か、前の区間よりcomma1〜4秒速いlapがある平坦戦(以下F)になり易く、スプリンターズSにおいては昨年はFですがEになり易い傾向が現れています。
また、中山の芝は先週からCコース使用となりましたが微妙に時計がかかり始めた印象です。なので今年もべらぼうに速い決着にはならないのではないかと考えています。
(馬名右のalphabetはその馬のlap適性。Aは瞬発戦)


クーヴェルチュール E…中山の千二は昨年暮れに1度走り惨敗。坂が苦手な可能性はありますが、当時は将来の為に控える競馬を試みたのが裏目に出ました。EのキーンランドCやバーデンバーデンCでの好走があります。

ナカヤマパラダイス E・F…FのアイビスSDで2着していますがCBC賞2着など、本質的にはEの方がよさそうです。回避馬が出ない限り除外対象ですが、出走できれば面白い存在です。

スズカフェニックス A・E…東京新聞杯などその豪脚を活かしてAに適性がありますが、宮記念などEにも適性があります。その一方、なぜかFの安田記念や阪急杯などでもう一歩届かすといった印象。極端なレースの方が末脚が活きる様です。仕上がり云々言われていますが、適性はありそうです。

サンアディユ F…ちぎった前走はEですが、そもそもこの馬の上がりも相当速く、F寄りのレースだったのではという印象です。dirtの頃の成績を見てもFに適性がありそうで、比較的落ち着いた流れになれば。

多彩なmemberが集まった上半期の締め・宝塚。
ウオッカには出て欲しくなかったんですが…。



カワカミプリンセス

1番人気に推されたヴィクトリアマイルは敗因があまりにもありすぎて
負けるべくして負けました。
今回、条件は明らかに好転し、人気も落ちそうでかなり面白い存在です。
先週より時計かかれば尚よいでしょう。



スウィフトカレント

前走で高速決着にも対応。
体も絞れたのでしょうか。
得意の仁川で。

東京優駿は素直にウオッカの単勝を買っておけば…。
まぁでもぼくの基本的な買い方は3連複で手広くですが…。
とにかく今週はぼくの一番好きなrace・安田です。



スズカフェニックス

府中のmileで勝ち負けするには、やはり二千くらいまでの距離適性。
府中のmileは4戦して複勝率100%。
二千くらいでも安定して力を発揮してきました。
が、ここ2戦千四以下での好走。
特に前走に至っては、馬場も味方したにしても千二のG1での圧勝。
かかり易い気性だけにsprintのpaceに慣れてしまうと…、という一抹の不安も…。


Good Ba Ba

二千にあまり良績がないのは気になりますが、
千四で1:20.9の勝ち時計など、軽い芝が向いていそうです。
前走はslowに泣きましたが今回もっと速い決着になるはずで要注意です。


Joyful Winner

昨年3着馬。
府中の馬場、そして時計の速い決着にも対応できました。
昨年のデキにあるのなら。


エアシェイディ

前走は輸送で体が減ってしまい力を出してません。
府中は7戦して連対率100%。
体調さえ万全で、立て直せていれば。
馬券に私情は禁物ですが、シャカール一族として頑張って欲しいです。

またしても予想外な競馬となってしまった優駿牝馬。
勝負race賢島特別では15万獲り逃し…。
今週こそ結果を出したいです。



フサイチホウオー

正直数字だけ眺めてると「ふ〜ん」としか思いません。
でも、race観てると鬼の様な強さ。
共同通信杯制覇→皐月3着は父と同じ。
ここもあっさりなのでしょうか…。


ウオッカ

今回の予想において、彼女の取捨というのも鍵になると思います。
普通に考えたら牝馬がこの舞台で…ってなるのでしょうが…。
はっきりいって低levelの皐月に対してかなりlevelの高い桜。
しかもあの桜は決して彼女の最高のperformanceではない。
ここで彼女が好走しても何ら不思議はないはずで。


ヴィクトリー

サンツェッペリンに交わされかけながら差し返した皐月。
が、rapは悪くありません。
ただ、走破時計そのものは誉められる程速かった訳でもなく…。


ヒラボクロイヤル

小倉で未勝利勝ちのpaddockと返し馬を目の前で観た馬。
前走は良発表とは言え、直前の豪雨の影響はやはりあったはず。
それで2:26.3の上がり34秒4なら及第点では?
levelの低い皐月からして、この馬にも好走の余地はあるのでは。


ナムラマース

皐月の負け方が不可解ですが、ヒラボクロイヤルが好走できるとすれば
仁川外回りの毎日杯で同馬に楽勝しているこの馬も走って不思議はありません。

馬場、展開、勝ち馬の能力全てが見当違いだったヴィクトリアマイル。
最近のろくでもない流れをなんとか打開したいです。
そして中京開幕。



カタマチボタン

桜は離されたもののやはりlevelの高いraceでの3着。
府中は3戦して連対率100%、距離延長は歓迎そうな馬体。
ここでも安定して力を出せるのでは。


ダイワスカーレット

暮れの中京2歳Sでアドマイヤオーラとの瞬発力勝負を制した時から
牝馬のclassic戦線の中心にいるだろうと思っていました。
とにかくこのmemberではその潜在能力は断然。
馬体的には距離延長歓迎。
が、やはり気になるのはその気性。
圧倒的人気が予想されるここは嫌ってみるのも手かも?


ベッラレイア

確かにその末脚は新馬の時から素晴らしいものでした。
が、気になるのはdebutから2戦目に加え展開が向かなかったとは言え
levelの低い牡馬の一線級とは言えないmemberにあっさり敗れたすみれS。
ここは2番人気が濃厚で馬券的妙味も薄く…。


ミンティエアー

前走はベッラレイアに敗れたとは言え上がりは僅かcomma1秒劣るだけ。
馬体的には距離延長は歓迎そうで。


ミルクトーレル

一気の距離延長となった前走で大外からしぶとく伸びて4着。
折り合えば。

また淀の馬場造園課がめちゃくちゃな馬場(芝)を造りました。
とにかく上がりがべらぼうに速くて、同じく上がりが速かった4回京都が後ろからでも届いたのに対し先週は前が残りまくり。
後方から追い込む馬には辛そうです…。



アイポッパー

ある程度の位置につけられて速い上がりを使える馬。
出走馬を洗い直してみてもこの馬くらいしか見当たりませんでした。
淀も得意でこのmemberなら。


デルタブルース

今の馬場からすればこの馬にはかなり厳しいはず。
ただ阪神大賞典から一番上積みありそうなのはこの馬。
淀みない流れになって少しでも上がりがかかるなら。

桜も終わり、今週は皐月です。
正直、今年は牝馬の方がlevelが高いのではと思うし今回けっこう混戦な気がします。
桜より馬券的な妙味がありそうだし楽しみです。


アドマイヤオーラ

まず、ぼくのこの馬のimageはslowの瞬発力勝負でめちゃくちゃキレまくる馬です。
それだけに果たして淀みない流れになった時にどうなのかという不安があったのですが
弥生は例年とは違って流れが速くなりました。
そんな中この馬自身debut以来初めて34秒を割る上がり34秒8を要しながら
最後は外から迫るココナッツパンチをねじ伏せました。
着差は僅かでもまだ余裕がある様に見えました。
あぁいう競馬は初めてで、やはり力がないとできない芸当でしょう。
そして今回、これと言ってハナにこだわる馬が見当たりません。
そう速い流れにはならない可能性があります。
そうなればこの馬には大歓迎なはず。
フサイチホウオーと言えどもこの馬に一気に交わされたら抵抗するのも難しいかも?


フサイチホウオー

ここまで4戦無敗。
その勝負根性には目を見張るものがあります。
やはり並んだら一番強いでしょう。
でもつけ入る隙は充分にある様な…。


ココナッツパンチ

新馬のみのcareerで臨んだ弥生であっと言わせる2着。
しかも外を廻ってのものだけに価値があります。
あまり人気しない様ならかなり面白そうな逸材かも。


アサクサキングス

唯一の敗戦となったラジオNIKKI杯2歳Sでは直線での不利が応えました。
きさらぎはかなり展開的に恵まれましたがまだまだ底は見せていないはず。
この馬もかなり面白そうな存在です。


ナムラマース

復帰後2戦は不利や展開に見放されて敗れましたが前走で重賞2勝目となりました。
仁川の新設外回りでの快勝は力の証明です。
ここに入っても。

今年もclassic開幕です。
その第1弾…。
あまりにも馬券的に厳しいものとなりそうです…。
ある意味非常に買い方が難しい…。



ウオッカ

今年2戦の走りがもう素晴らしいの一言です。
鞍上が下手を打たない限りは、まずmileなら一番強いと思います。
が、どうも気になるのはなぜエルフィンを使ったのか…。
まぁここまでは大丈夫でしょうが…。


ダイワスカーレット

前走はウオッカと着差は僅かとは言え完敗でした。
馬体的にはもっと距離が伸びた方がよさそうですが、今回どんな競馬でウオッカに対抗するのか楽しみです。


アストンマーチャン

やはり距離は千四bestでしょう。
1furlongの延長は決してplusにはなりません。
が、鞍上が調子を上げてきてるので怖い存在であることには変わりません。

昨日も道悪に泣かされ続けました…。
今日も確実に道悪だろうな…。



エムオーウイナー

この馬がG気暴个討るなんて、個人的にものすごく感慨深いです。
なぜなら、彼がまだ500万の身の頃に函館で4万馬券を獲らせてくれたから。
その頃の彼は完全な重い芝巧者で、函館にでも行かない限り走れませんでした。
が、成長した彼は高速決着にも対応できる様になった。
今日は道悪です。
道悪と重い芝の良は違うし、蹄とか観てみないとわかんないけど
元々重い芝巧者であった彼には道悪もこなして欲しい。
そして、できればぼくに競馬を教えてくれた馬の1頭として
G気侶章を獲らせてあげたく思います。

有馬から1ヶ月半。
早くも今年初のJRA G1です。
今回はけっこうodds的に妙味のありそうなmember構成です。
なのでraceの格とか関係なく中てたいものです。


フィールドルージュ

JCダート好走後で人気した前2走は着順こそ案外でしたがそう負けてません。
今回府中替わりでしかもアジュディミツオーが飛ばせばかなり面白いのでは?


メイショウトウコン

前走重賞初挑戦となった平安Sで快勝。
dirtは5戦4勝2着1回と連対率100%。
まだまだ底を見せていません。
今回も鞍上的にそこまで人気しなければいいのですが。

とうとうディープのlast weekになりました。
まぁ個人的にはやっと繁殖入りしてくれるのかって感じですが。
でも馬券的にはケンしようかなって思ってます…。


ディープインパクト

去年も書いたけどこの馬に中山のAコースは合いません。
なぜならば4角で外を廻った馬にはあまりにも厳しいからです。
が、今年は朝日杯FSでドリームジャーニーが大外一気、
先週の競馬を観ても外からも伸びています。
ここ最近のAコースとは明らかに違います。
これならば馬場造園課がおかしなことをしない限り大丈夫でしょう。
普通に走れば結果は勝手についてくるはずです。


メイショウサムソン

速い上がりを使えないこの馬にとって、ここ2戦は展開に恵まれませんでした。
菊に至っては、筋肉量の豊富な体には距離が長すぎたフシもあります。
今回、意味不明にもアドマイヤメインが香港から中1週で参戦。
善臣さんがメインの長所をわかっていれば、まず流れは遅くはならないでしょう。
そうなればこの馬のしぶとさが発揮されます。
ただ問題は絞れない馬体。なんとか絞れれば面白いのですが。

阪神JFは一応中てたけど安すぎて儲けがほとんどありませんでした…。

今の中山の芝は高速馬場ではないですが時計はまずまず。
ただ問題のAコース使用。
思っていたほどではないですがやはり4角では内を廻る方が有利では?
しかも今回中山のmile戦。
枠順出てみないととてもじゃないけど予想などしてはいけません。
ただ、一応戦績から考えた注目馬ってことで。


アサクサキングス

登録全馬の戦績を確認しましたが、正直ほとんど食指の動く馬が見当たりません。
その中でこの馬は千八の前走が1:47.5。
slowな流れしか経験していないのが不安ですが、
当時の府中はべらぼうな高速馬場でもなかったので
この時期にこの時計なら合格点では?


オースミダイドウ

classicを意識している様で距離が延びてもさすがの競馬をしてきました。
が、気性的に不安で果たしてclassic distanceに対応できるのか疑問です。
なのでこの距離なら上位争い可能かもしれません。
武さんの代役がオリヴィエなのは好材料です。

仁川は今開催が改修後初の開催となります。
外回りcourseが新設され今週からとにかく観察することが必要ですが、
基本的には今までと変わらない重い芝だそうです。
そんな観点で考察してみます。


イクスキューズ

ファンタジーS組でこの馬が一番course変わりを歓迎するのではないでしょうか。
札幌での2戦が強烈で、重賞ではナムラマースからcomma1秒差でした。
前走がかなり上がりの速い馬場だったので、札幌で好走したこの馬に仁川は味方するのでは。


ルミナスハーバー

mileで未勝利を圧勝した後の前走は千四でした。
雨の影響で少し時計のかかる馬場でしかも流れが速く上がりのかかる競馬で快勝。
しかも未勝利は速い上がりを繰り出しての好時計での圧勝。
開幕週である程度上がりが速くなっても対応できます。
トビの大きな馬で距離延長歓迎のクチです。


アストンマーチャン

前走圧勝で重賞2連勝。
鞍上も鞍上でかなりかぶって人気するかも。
でもやはり折り合い難を抱えるのでこの距離延長は不利。
さて、天才がどう御しますか。


ローブデコルテ

まだ1勝馬で抽選対象ですが、
この馬もcomma6秒ちぎられたとはいえ札幌でナムラマースの2着と健闘。
仁川へのcourse変わりは歓迎でしょう。

ちょっと書きすぎました。(^^;

「去年の府中よりは少し時計も上がりもかかる馬場で、
あんなに速い時計にはならないでしょう。
しかもまた雨が降れば尚更です。」

こんな感じで訂正します。m(__)m

昨年2:22.1という大recordを打ち立てたJC。
まず断言しましょう、今年はあんな時計は出ません。
とにかく今の府中の芝は少し時計も上がりもかかる馬場。
そんな馬場levelから考えてみます。


ディープインパクト

言わずと知れた日本競馬史上に残る名馬です。
日本の芝の競馬にもの凄く向いている馬です。
まぁ遠征の疲れがあるとしたら考え物ですが、
あの凱旋門は全くこの馬の評価を落とす様なものではありません。
ただただ、敗れて強しな内容でした。
日本の競馬場では、軽い上に直線坂のない淀が一番合っているはずですが
府中にもかなりの適性を感じます。中山の特にAコースよりはずっとましなはずです。
普通に走れば無様な競馬なんてありえません。
ただやっぱり雨は割引材料でしかありえないのも確かです。


Ouija Board

昨年の走破時計が2:22.4で4着。
今年も世界各国で走りまくった様でEuropeの年度代表馬に返り咲いたそうです。
まぁ府中で走る以上、向こうで年度代表馬になっても強みにならないんですが。
ただ、この馬は去年それだけの時計で走って尚且つcomma3秒しか負けてないわけです。
でも去年より時計のかかる馬場が予想される今回、前進が期待できます。


ハーツクライ

確かに去年の有馬はディープが本調子になかったのでしょう。
が、ハーツが勝ったのもまぐれとは思っていません。
個人的にぼくは、馬が化けたのではと見ています。
しかも脚質転換も大成功、瞬発力勝負より厳しい流れの競馬が合う馬なので
先行できる様になったことは大きいと思います。
だからこの馬がここでどこまでディープと渡り合えるかは、
自分から厳しい流れを作り出すかどうかだと思います。
他に逃げ馬のいない今回、またディープに勝つ為に鞍上がどう出るかが鍵です。


メイショウサムソン

瞬発力勝負より厳しい流れの競馬が向くこの馬にとって、
東京優駿を勝てたのは馬場が渋ったこともよかったはずです。
しかもどうも馬体的に中距離馬の様です。
この距離短縮と馬場替わりが不気味です。

府中のダートは基本的に軽いダート。やはり持ち時計は気になるところです。
今のダートは差しもちゃんと利く様です。


シーキングザダイヤ

ここまで特筆すべき時計を出してはいませんが府中で3戦して全て2着。
しかもいずれもG1です。適性に不安はありません。
この距離にしても4戦して全て2着。
鞍上は天才。
メンバーもそこまで集まってないと思いますので無様な競馬はしないと思います。
3着は外さないかと。


サンライズバッカス

今年はあまりいい競馬ができていませんでしたが、出遅れたとはいえ一応カネヒキリに先着した馬。
昨年のこのレースも後方から最速の上がりでコンマ2秒差の5着。
休み明けの武蔵野Sでようやく結果を出してさぁ本番です。


アロンダイト

未勝利から4連勝中の上がり馬。
前走の上がりが速いとはいえペースがかなりスローで走破時計が平凡で強気には推せませんが、前走を一叩きして2走目。
穴を開けるならこの馬でしょうか。


ジンクライシス

とにかく府中実績が2411。
これなら中央にいたままの方がよかったのではないかと思うほどです。
一昨年の3着馬、距離不安ってほどでもありません。

先週の淀の芝は土曜に降った雨のせいで先々週までとはガラッと変わり、
上がりのかかる馬場になりました。
パンドラを急遽軸にしようかと思ったのもそれが理由です。
今週はどんな馬場になるかわかりませんが、一応コース替わりはないので
ある程度上がりがかかる馬場という前提で考えてみました。


キンシャサノキセキ

今年のマイチャン最大の惑星となるであろう馬です。
何と言っても前走はあの高速馬場で上がりの速さにも対応できないとなめていたら
1:19.4はともかく、なんと32秒9という上がりを使い圧勝。
ひょっとしたら馬が化けた可能性があります。
でもNHKマイルを観ると上がりのかかる競馬は元々よさそうです。
また上がりの速い馬場に戻ってももちろん楽しみです。


ロジック

ここ2走は本来合わないはずの府中での一線級との対戦と
淀での瞬発力勝負に対応できずに予想通りいいところなし。
が、元々上がりのかかる競馬が合う馬。
今回ステキシンスケクンが淀みない流れを作り出しそうです。
叩き3走目で得意のmile、しかも鞍上が鞍上だけにかなり力が入ります。

今週は淀でエリザベスです。
あんまり荒れないかもしれませんが…。
芝はとにかく速く、決め手がないと対応できない馬場の様です。


スイープトウショウ

この馬には府中は合わないのかもしれません。
軽い芝巧者だし長い直線が悪いはずはないのでなぜだか意味不明なのですが…。
それとも単に長距離輸送がだめなのか?
いずれにしろ淀の外回り牝馬限定に変わる今回、無様な競馬はしないはず。
もちろん返し馬次第ですがまずは本命です。


アドマイヤキッス

秋華賞は淀みない流れでこの馬の武器であるキレが発揮できずに終わってしまいました。
今回外回りで前走よりはゆったりとした流れになる可能性もあります。
そうなった時に怖いのがこの馬のキレであり、武さんの腕です。
人気の確実に落ちる今回、狙い目ではないでしょうか。


ディアデラノビア

前走敗れたとはいえ自身使った上がりは33秒3。
やはりシーザリオに迫った馬、侮れません。
最近力をつけた北村宏司を責めるつもりは毛頭ありませんが、
絶好調岩田に乗り変わる今回、かなり妙味がありそうです。


ソリッドプラチナム

この馬も秋華賞はキレを活かせなかったクチです。
なんと言っても淀の外回りは(千八ですが)
ソングオブウインドを内から33秒5で差し切った舞台です。
相手は強化されますが、大穴で一考したい馬です。

今年はほんとに難しいmember構成となりました。
それに加え今の府中の芝があまり掴めてません。
淀ほどではないにしてもさすがに時計も上がりも速いんですが…。
幸い今週からBコースに変わるのでじっくり見極めたいと思います。


スイープトウショウ

押し出されて1番人気かも…。
でもやっぱり府中が合わないわけはない。ディープのいない今回、chanceのはず。とにかく精神面の問題。


ファストタテヤマ

この前も書いたけど前走京都大賞典で一番力を見せつけたのはこの馬のはずです。
5戦して結果の出てない府中に不安もありますが充実の今なら…。

結局今日の秋華賞はhigh pace…。
そうなった時に怖いと思っていた3頭が来てしまいました…。
あの流れじゃキレが生かせないんだよね…。
まぁ気を取り直して次週へ。


アドマイヤメイン

前走ハナを切らなかったのは武さんのTRと考えます。
しかも直線入り口で不利。武さんもあれからまた伸びていたと言ってますし度外視。
Aコース使用だったこの2週、京都大賞典を初めとして意外な程差しや追い込みが決まっていました。
が、別に外差し馬場だったわけではなく、
内も伸びるしとにかく展開次第の馬場の様です。
今回武さんは迷わずハナを切るのではないでしょうか。
キレる馬ではないので自分からハナを切る競馬がこの馬には合っています。
他に強力な逃げ馬も見当たらず、巻き返しが怖いです。


ソングオブウインド

正直心情も入ってます。
が、冷静に客観的に考えても三千という距離が合うかはわかんないけど
かと言って不安に映るわけでもありません。
芝に転向してからも全て3着以内、前走も見せ場充分で力で見劣るとは思えません。
今回もそう人気は上がらないでしょうから幸四郎が気楽に乗れるのも魅力です。
slowの瞬発力勝負でも33秒8で上がったことがあります。
完全にstamina勝負になった時にはサムソンに勝てる気はしませんが
落ち着いた流れになってくれれば3着以内に入っても不思議はないはずです。

てか本賞金800万じゃ抽選対象にすらならないの…?

ではプリンセスドルチェの代わりにこの馬を。


サンドリオン

ご存知紫苑S勝ち馬です。
現在3連勝中で、初芝となった前走を33秒6の上がりで差し切りました。
勝ち時計もまずまずで本番でも通用して不思議ありません。
人気するでしょうがそれをもはねのけてしまいそうな勢いのある夏の上がり馬です。


ブルーメンブラット

春から既に注目されてた馬です。
上にジョイフルハートがいますが父がアドマイヤベガに変わり
mileから中距離に適性がありそうです。
前走は札幌千五で行われた1000万特別をハナ切って上がり34秒5でまとめました。
1000万で楽勝するような馬は秋華賞でも充分好走できます。
他に人気が多そうな今回、気楽に走れば怖いです。

自分の馬券の精度を高める為に敢えて予想を復活させようと思います。
とは言えまずは出走馬確定前の登録だけの時点での注目馬です。
今、自分の考えている馬場状態からの推奨馬を挙げていきます。

さて、次週は秋華賞。
個人的にlevelが高いのではないかと考えている3歳牝馬最後のG機
今週の淀の芝は既に書いたようにとにかく速い上がりを使える馬。
開幕週にも関わらず差し、追い込みがかなり決まっていました。
そういう観点からの注目馬を挙げたいと思います。
まぁ最近の意味不明な傾向として開幕週で差しが決まってたのに
その後前残りになったりするので注意は必要ですが。


ソリッドプラチナム

まずぼくが挙げたいのはこの馬です。
ご存知の通り同じ淀の二千で行われたマーメイドSで
古馬相手に34秒0の上がりで差し切った馬です。
が、それだけではありません。
その前に神戸新聞杯3着のソングオブウインドを上がり33秒5で差し切ったこともあるのです。
この時は同じ淀でも外回りの千八でした。
どちらかと言うと外回りの方がいいような気もしますが淀の上がりの速い競馬には
このmemberの中でも最高の適性を持ってるのではないでしょうか。


アドマイヤキッス

武さんが乗るのでまず人気します。カワカミプリンセスがぶっつけだし1番人気でしょう。
が、前走の時計は見事。上がりもまずまず。
小回りは問題ありませんしある程度の位置で競馬できれば無様な競馬はしないと思います。


プリンセスドルチェ

もう1頭は思いっきり人気薄ですが3着候補の爆穴を。
この馬まだ500万を勝ったばかりで抽選対象かと思われますが
ここ2戦上がり33秒台で連対しています。
とにかく瞬発力勝負になるのであれば怖い1頭です。

府中10Rで3連単2,540円…。
こんなガッチガチのraceを妥協して買っちゃってる時点で終わってる。
けど明日はやる気のなかった今日から一転、かなり面白そうな面子です。
しかし毎日王冠凄いmemberだなぁ。けどこれで荒れなきゃ暴れます。(笑)


府中9R鷹巣山特別

クロユリジョウ
前走は外枠の上出遅れで競馬にならず、その後函館の追い切りであのカネヒキリをアオったとのこと

タケショウレジーナ
1000万では力上位、56も克服していい


府中10R西湖特別

エフテーコンコルド
昇級戦となるがその速い時計で勝った前走、2馬身差をつけた後続がその後計4頭勝ち上がり


府中11R第56回毎日王冠G

バランスオブゲーム
G饗臂、鉄砲走る


11R第40回農林水産省賞典京都大賞典G

ダディーズドリーム
3走前淀のmile and halfで好時計勝ち

さぁやっと府中…なんだけどこの少頭数…。
しかも明日は雨予報…。
ん〜馬券的にはケンな1日になるかも…。


府中11RアイルランドT

パリブレスト
府中で前進


11R夕刊フジ杯大原S

スパルタクス
淀の千八は安定、時計勝負にも対応

今日は中らなかったけどかなり惜しいとこまで来てた。
攻めの姿勢は変えたくない。
明日も狙っていきます。


札幌8R3歳上500万下

イケソシアル
札幌には実績ないものの前走でもコンマ7秒差、千四で勝ち鞍


札幌11R STV賞

サンタマリアガール
前走は前半ジョイフルハートと競った分終い伸び欠く、今回内がそう荒れなければ最内から一気に

ブリリアントグレイ
ここ2走が圧巻、昇級でも53なら人気でも仕方ない


中山11R第39回スプリンターズS G

プレシャスカフェ
ここ2走敗因はハッキリ、鉄砲は4戦4勝

カルストンライトオ
高速決着にも実績あり、一気にハナ切って

Silent Witness
安田で高速決着も経験、人気でも千二なら更に

さぁ、いよいよスプレンダ復帰!
元気な姿見せてね!!
浅川氏のゴタゴタで?ownerが代わったようで新しい勝負服にも注目。
でも、まずは無事にrace終えることが最優先。


札幌9R3歳上500万下

ゲイリーミニスター
前走大外から突っ込んでブリリアントグレイからコンマ7秒差、外差し馬場なら


札幌11R第40回札幌2歳S G

ナイトレセプション
前走外廻って圧勝、ここ人気で同日クローバー賞勝ち馬アドマイヤムーンとはコンマ6秒差

今日は馬券は散々だったけど、武さんのお陰で幸せな1日でした♪
けど大切なのは明日なんだよね…。
あー心配…。


札幌10R朝里川特別

スズヨバクシンオー
展開一つで食い込みあり得る、今回千二で中枠


仁川11R菊花賞TR第53回神戸新聞杯G

トウカイトリック
この時期、古馬混合の1000万で好走する力があれば重賞でも好走可能、この馬は52とはいえ準OPで2着

ディープインパクト
とにかくこの秋も無事に走ることを祈るのみ、その能力は説明の必要なし

予定外に買っちゃって失敗してるんだけど…元々勝負は明日の札幌だったんです、いやまじで。


札幌8R3歳上500万下

ワイルドソニック
前走出遅れ、今回内枠で


札幌9Rニセコ特別

ステキナブロンコ
前走直線窮屈も差は僅か、札幌実績あり


札幌11R藻岩山特別

ヤマトサクセス
ハンデ気になるも札幌には実績、今回内枠

結局また1つだけ。
明日はあんまりやる気ないかと思いきや…いましたよ、食指動かされる馬が。


中山11R菊花賞TR第59回セントライト記念G

マルブツライト
確かに前走恵まれた感は否めないも1000万勝ち組の中でこの馬のoddsは異常につきすぎ

ニューヨークカフェ
唯一の中山2200勝ち馬、急仕上げの前走叩き

勝つには勝ったけど、ちょっと先週は悪すぎたので今週巻き返し図ります。


札幌10RグリーンチャンネルC

ゴールドカフェ
スローにも対応、内枠活かせば


札幌11Rサロマ湖特別

サンタマリアガール
芝でこそそのspeed活きる、最内活かせば

ヴァーチュ
千二では底見せず、休み明けでも注目

結局あの後は他人の馬券ばっか買って全部外れ…。
ったくなんで自分のよりいっぱい買わなきゃいけないんだか…。
しかも外れて一気に口座のお金なくなった…。


札幌9R3歳上500万下

エルロドリゴ
芝の方が合う、千八も得意


中山11R第50回京成杯AH G

マイネルソロモン
開幕週の馬場合う、8枠も12番枠なら


仁川11R第19回セントウルS G

ホーマンテキーラ
人気もこのmemberなら

祝・はくぼ終了!
今週から秋競馬開幕なので一応注目馬掲載復帰してみます。
ただ今週はちょっと番組編成がぼく好みじゃないんでやり辛いです…。


中山11R秋華賞TR紫苑S

ピサノグラフ
ある程度人気はしようが中山は2戦2勝、最内の北村宏司


仁川11R第56回朝日CC G

アグネスシラヌイ
鞍上不安も仁川は得意、前々つければ


札幌12R礼文特別

コスモジャイブ
札幌千二でしか実績のない馬、コース替わりで

何気に金子真人HD(株)の馬が3頭出てる。
けどどれもこれと言って…。
あんまり荒れないかも…。

とりあえず札幌4R棟広先生推奨のアグネスグレイスの複勝500円ついたんで昨日の負け分ほとんど戻りました。
ありがとうございました!m(__)m

函館が終わって札幌が開幕。
やっぱり函館と比べると苦手意識が強いんで明日は様子見かな。
まぁ多分時計は開幕週らしく速めで内有利とは思うんだけど。


小倉10R西部日刊スポーツ杯

チャレンジセイエン
昨年の勝ち馬、前走に復調気配窺え枠順も今回の方がいい


小倉12R3歳上500万下

ツモルランサー
降級、鉄砲実績もあり、少し時計かかるようなら

泣いても笑っても今年は明日が最後。
って仕事のことで心の中はめちゃくちゃな状態だけど…。
とにかく、明日は競馬を楽しみたいです。
 
 
 
確かに…、確かに前走は情けなかった…、しかしこの人気落ちは前々走内容から狙い目
 
 
 
生粋の軽い芝がbest条件のはず、少頭数で追走苦にしなければ
 
 
 
ここ人気も当地は3走前1000万特別タニノマティーニのコンマ4秒差3着あり力上位、叩き2戦目芝替わり

いつの間にやら今年の函館も最終週。
なんとかもう1つくらい獲りたいものですが。
 
 
函館11R八雲特別
 
やはり時計がかかれば力出せる、現級でも3走前2着
 
 
 
重い芝巧者、上がりかかれば

今日も馬場が読み切れなかった。
時計がかかってるけど前がだめってわけでもない。
どう買えばいいんだ…。
 
 
 
超高速決着の前走が悪くない内容、今回馬場的には前進可能、外に出して
 
 
 
前走最内枠仇、鞍上にも期待
 
 
 
当然人気も時計勝負実績あり、差し利く馬場も味方に
 
 
 
高速決着実績あり、大外も今回は買い材料
 
 
 
今回末脚活かす競馬、外差し馬場になれば

明日は函館小倉で道悪の可能性。
あんまり手を出さない方が無難か…。
 
 
函館11R立待岬特別
 
滞在効果で落ち着き出る、枠も前走よりいい
 
 
 
どうも千二が忙しくなってる模様、距離延長で新味期待

今日は函館最終の3連複だけ。
安い…。
まぁボウズは避けられてホッ…。
 
 
 
函館巧者、昨年はあのファインモーションからコンマ1秒差でハンデ据え置き
 
 
函館10R湯浜特別
 
重い芝巧者、もっと時計かかる馬場になれば
 
 
函館12R長万部特別
 
やはり重い芝合う、昇級でも

今週も週末がやって来ました。
さぁ、競馬です。
函館もあと3週。
お金も振り込んだことだしなんとかしたいです。
 
 
函館9R青函S
 
復帰後のここ3戦悪くない内容、函館も合う
 
 
函館11R駒ヶ岳特別
 
1000万での経験はないものの千八は3−2−0−1、前走千二でも崩れず叩き2走目

まいった…。
まさか3歳未勝利で1:09.4が出てしまうなんて…。
馬場造園課さん、やりすぎだよ…。迷惑だ…。
まぁそれでも時間の問題で傷んで行って結局1分8秒台には突入しなかったのでホッ。
最終は1:09.8要したので明日も更に時計がかかることを期待。
けど最近土曜より日曜の方が時計が出ることなんてザラだからな…。
あーわからん…。
小倉はまじで異常。
 
 
小倉11R有田特別
 
小倉の高速決着には実績あり、鞍上にも期待
 
 
函館11R登別特別
 
溜めれば伸びる、今回も前崩れなら出番

明日から恐怖のはくぼ…。
個人的には迷惑以外の何物でもありません…。
やめてくんないかなぁ…。
あー憂鬱…。
 
函館は開催替わりで今週からBコース使用。
まぁ突然高速馬場になったりすることはありえないだろうけど。(笑)
新潟小倉は超高速馬場かな。
 
 
 
とにかく函館は走る、昇級のここも通用していい
 
 
 
前走エムオーウイナーからコンマ4秒差、ここ人気で最内気になるもこのmemberなら軸には最適か
 
前走の敗因が千二で解消できないか?ノッてる鞍上にも注目

眠い…。
道悪っぽいので今日もお休みします。
馬券は買います。

眠い…。
今日は明日の狙い馬お休みします…。
また明日…。

さて、日曜です。
今週はどうなるでしょうか。
差し馬場になってほしいなぁ。
 
 
函館巧者、鉄砲も利く
 
 
 
結果的に注目に値する前走初の千二も最速の上がりを計時して内容悪くない、流れ乗れれば

ようやくっていうかとうとう梅雨らしくなっちゃって明日は仁川が一番降りそう?
今週から福島はBコース使用なので注意を。
 
 
 
1000万でも力は足りる、函館では快勝あり、鞍上込みで期待
 
 
函館12R江差特別
 
人気も前走好内容、函館は庭、相手弱化のここ連勝chance

昨夜ブックを眺めてた時からなんかやる気の起こるraceがなくて今日は思った通りの結果。
で、明日もあんまりいい馬いないんだよね…。
 
 
 
前走ギリギリだったので正直この人気で食指が動きにくいが早仕掛けだったとのことだし今回相手楽すぎ
 
 
 
前走は太目でしかも流れも不向き、先週より中枠もよし
 
 
 
最内から一気にハナ切れば
 
 
おまけ
 
どーでもいいけどcourse適性、距離適性考えたらこの馬しかない

今夜から少し早寝します、健康の為に。
なので予想に割く時間が減ります…。
 
 
 
確かに千八の方がいいが前走もそこまで負けておらず今回相手弱化、外枠引いて
 
 
 
短気放牧で楽をさせたらしく馬体重要注意も前走注目
 
 
函館12R潮騒特別
 
初芝の前走内で包まれ今回外枠引いて

↑このページのトップヘ