まだちょっとショックは残ってるんだけど…。ぼくにとってあんな簡単な3万馬券はなかった…。 でもあのレース、はっきり言って力通りの決着ではないだろう。そりゃムードは自分の応援馬だし、アドマイヤグルーヴだって去年まで応援してた。でも昨日のは内を通ったこの2頭が抜けてきただけ。それに雨が降って少しだけ時計がかかった(改修後の普通の府中なら58秒切ってもおかしくない。まぁ今開催の府中の芝は意外なほど時計かかってるけど)こともこの2頭には味方したと思う(決して2頭は道悪は得意ではなく、"重い芝巧者"だというだけ)。 ぼくの馬券は迷った挙句、ゼンノロブロイ・バランスオブゲーム2頭軸の3連複。上記の牝馬2頭はもちろん買ってはいた。まぁロブロイははっきり言ってオリヴィエ騎乗であれば3連複なら鉄板だろうと思っていた。最後にバランスオブゲームに決めたのは外枠に目を瞑ったわけなのだが、やはり負春にそれを期待するのはばかだった。どうせわからないなら自分の好きな馬やジョッキー買った方がましだった…。 ところでもちろん外人ジョッキー2人も賞賛しなければいけないのだがさすがにファンとしては武さんの騎乗が目に付いた。春に金鯱賞でアドマイヤグルーヴに乗ったけどその時のことを思い出したのだ。あの時と同じく武さんは内を通った。が、違ったのは仕掛けのタイミングである。金鯱賞では早め早めの仕掛けでタップその他の牡馬勢に真っ向勝負を挑んだ。結果は直線伸びを欠き5着だった。が、この時は一旦はタップを射程圏に入れ、時計もこの馬の時計だけは走っていた。重い芝巧者としてはあれが精一杯だっただろう。そして昨日は府中と中京で直線の長さも全然違うけどタイミングを遅らせたのだと思う。やっぱりあの時のことを武さんは思い出してたんじゃないかなぁ。そのことを考えてればもっと簡単にとれてたはず。 とりあえず2頭には収穫のあった一戦になったはず。これからも頑張って欲しい。でもエリザベスは武さんがファインモーションでオリヴィエのアドマイヤグルーヴに勝って欲しい。切実な願い。