ram jam worldUTA TO OTO

元々朝本浩文という人は気にはなっていたのだが
某サイトでこのalbumのreviewを見たら松崎ナオの名を発見。
(disc-1/UTA 7曲目No Room For Squaresを作詞)
驚いてナオさんの"flor trem"を買いに行った時に一緒に購入。
そのreviewにD'N'Bとは書いてあったのでかなり期待はしていたが
その期待を遥に上回っていた。
disc1/UTAにはpermanent vocalistに迎えられた
濱田杏子による歌モノ、
disc2/OTOには朝本氏自身によるD'N'Bのインストが収録されている。
どちらも最高。
去年の夏はもうその日に買った2(3)枚だけで本当に充分というか
一生聴ける物を2(3)枚も手に入れてしまった。

ところで去年の11月にナオさんが福岡でライヴをやった時に
(なぜ9月のタワレコインストアツアーで聞かなかったんだか)
なぜ作詞したのかを本人に聞いてみたところ、
朝本氏とは呑み友達だからという答えが返ってきた。
意味不明に納得。(笑)
いつかライヴでセルフカヴァーしてくれないかな。
D'N'Bじゃなくてpandeiroのsamba versionでいいから。