夢じゃないだろうか…。
キタサンブラックのセントライト記念だって、ギリギリのところで
ウイングチップで3連複40万獲り逃したぼくなんです…。
これまでだって20万は獲ったけど、めちゃくちゃな高配当は
ギリギリのところで獲り逃してきた…。

でも今日は違った。

今日の府中の芝は昨日に続いて雨が降り続く馬場。
でも、勝ち時計見る限り多分昨日よりは時計出てたのでは?
内を突いた馬の好走が目につき、ここは前内有利前提での馬券。
で、こういう時計の掛かる馬場では先行馬は
少し短めの距離に適性ある馬の方が合うと思ってる。
なのでマイルに実績ある、先行できる馬を重視。
…今考えるとダイワキャグニー様からってのは理論的にどうなのか?
でも、やっぱりそこはスロー得意の先行馬なので
短めの距離に適性あるってことではないだろうか。
ソーグリッタリング様は最内枠で位置も取れそう。
で、トーラスジェミニ様は冬から気になってる馬で、マイル実績ある逃げ馬。
軸にはできなかった(反省)けど、めちゃくちゃ色気持って買った。

直線、もう内が伸びることを期待してたぼくはアトミックフォースが垂れて
ソーグリッタリング様が交わすことを祈りながら観てたらもう思い描いた通り。
最後の最後にアンドラステが突っ込んできて冷や冷やしたけど、
なんとかトーラスジェミニ様が残してくれた…。

ほんと体が震えた…。
73万馬券、本当に獲ったんだなぁ…。
これで馬券的に一皮剥けたい。



2020_3tokyo4_11r