東京
 芝コース
(1)使用コース 前開催:2回東京前6日Aコース・2回東京中4日Bコース・2回東京後2日・3回東京前4日Cコース・3回東京後4日Dコース使用
第4回東京 前7日 Aコース、後2日 Bコース
第5回東京 前4日 Bコース、後4日 Cコース
開催日 コース 1周距離 直線距離 幅員 備考
4回前7日 A 2,083.1m 525.9m 31〜41m 内柵を最内に設置
4回後2日 B 2,101.9m 525.9m 28〜38m Aコースから3m外に内柵を設置
5回前4日
5回後4日 C 2,120.8m 525.9m 25〜35m Aコースから6m外に内柵を設置
(2)芝の状態
野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行します。
第3回東京競馬終了後、傷んだ向正面、3〜4コーナー及び正面を中心に約29,000m2の芝張替作業を行うと共に、コース全面の更新作業を行いました。その後、肥料散布・散水等の生育促進に努め、9月上旬にオーバーシードとして洋芝を播種しました。野芝及び洋芝ともに順調に生育しており、全体的に良好な状態です。
第3回東京競馬終了後、芝馬場のクッション性確保のためエアレーション作業及びシャタリング作業を実施しました。
芝の生育管理のため、中間日に散水を実施します。

 ダートコース
(1)使用コース
1周距離 直線距離 幅員
1,899.0m 501.6m 25m
(2)ダートコースの状態
第3回東京競馬終了後、路盤点検、補修及びクッション砂の洗浄を行いました。
クッション砂の砂厚は9.0cm(従来通り)で調整しています。
乾燥が著しい場合は、競走馬の安全のため散水を行う場合があります

 障害コース
(1)障害コースの状態
野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行します。
芝コースと同様の管理作業を行い、9月上旬にオーバーシードとして洋芝を播種しました。全体的に良好な状態です。
芝の生育管理のため、中間日に散水を実施します。



京都
 芝コース
(1)使用コース 前開催:3回京都前6日Cコース・後6日Dコース使用
第4回京都 全9日 Aコース
第5回京都 前4日 Bコース、後4日 Cコース
開催日 コース 1周距離 直線距離 幅員 備考
4回 A (内)1,782.8m 328.4m 27〜38m 内柵を最内に設置
全9日 (外)1,894.3m 403.7m
5回 B (内)1,802.2m 323.4m 24〜35m Aコースから直線部4m、曲線部3m外に内柵を設置
前4日 (外)1,913.6m 398.7m
5回 C (内)1,821.1m 323.4m 21〜32m Aコースから直線部7m、曲線部6m外に内柵を設置
後4日 (外)1,932.4m 398.7m
(2)芝の状態
野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態でレースを施行します。
第3回京都競馬終了後、向正面、内・外回り3〜4コーナー及び正面を中心に約15,000m2の芝張替作業を行うとともに、コース全面の更新作業を行いました。その後、肥料散布・散水等の生育促進に努め、9月上旬にオーバーシードとして洋芝を播種しました。野芝及び洋芝とも順調に生育しており、全体的に良好な状態です。
第3回京都競馬終了後、芝馬場のクッション性確保のためエアレーション作業及びシャタリング作業を実施しました。
芝の生育管理のため、中間日に散水を実施します。

 ダートコース
(1)使用コース
1周距離 直線距離 幅員
1,607.6m 329.1m 25m
(2)ダートコースの状態
第3回京都競馬終了後、路盤点検、補修及びクッション砂の洗浄を行いました。
クッション砂の砂厚は9.0cm(従来通り)で調整しています。
乾燥が著しい場合は、競走馬の安全のため散水を行う場合があります

 障害コース
(1)障害コースの状態
野芝のみの状態でレースを施行します。
芝コースと同様の管理作業を行い、全体的に良好な状態です。
第3回京都競馬終了後、芝馬場のクッション性確保のためエアレーション作業及びシャタリング作業を実施しました。
芝の生育管理のため、中間日に散水を実施します。

JRAのofficial websiteより抜粋・一部編集