根本的にまだ競馬が理解できてないことも感じる…。
野芝の恐ろしさを今年も痛感させられて、走破時計ではないんだって思う…。
棟広先生の理論に出会って最初は走破時計で予想するところから始まったけど
結局、馬場さえよければ時計や上がりが足りない馬だって
数字だけはいぃものを出せるってことの意味をようやくわかってきた気がする。
時計の価値。
それを完全に理解しなければ、少なくともぼくの予想法では現状より上は目指せない。