中てたraceばかり回顧しても意味がない。
悔しい想いをしたraceこそ反省しておかなければ。

痛恨の41万獲り逃しをやってしまった三河特別。
旧中京最期の日にこんなお宝raceが待っていようとは…。
まずここでぼくが考えたのは馬場。
前日から逃げ馬有利な馬場が続いてて、いつ外差し馬場に変わるのか注目してた。
逃げ馬ってことでまずマチカネコロモガワに目をつけてた。
実は6万獲った前走の知多特別で前残り馬券としてこの馬を軸にした馬券も持っていた。
で、あぁいう差しの競馬になったのにcomma3秒差の5着に粘った。
秋からの3走全て大して負けてないにも関わらず今回も全く人気がない。
ここは狙い目だろうと。
が、なんか微妙に逃げ馬よりは好位で競馬する馬に向き出したかなって気がしていた。
しかも一年前と同じ様に外枠からの方がdashがいぃ様に見える。
そこで抜擢したのはマッキーコバルト。
だいたいこの馬は中京の千二でブライドルアップに勝った馬。
昇級で頭打ちになるとも思えず、それにしては人気もなくかなり狙えた。
なのにクリンゲルベルガーを切ってしまった…。
理由は前々走の勝因が外差し馬場だとしか思ってなかったから…。
今 思えばそれにしても豪快な末脚だったよな…。
新馬で福島千二の瞬発戦をぶっちぎった馬だし、
結局今回千二の平坦戦で瞬発力要求されて突っ込んできた…。
マチカネコロモガワが今回は前走よりはゆったりめにハナ切るって予想だったから
クリンゲルベルガーが追走に苦労せずに直線瞬発力発揮するって思わないのが
ぼくのまだまだ未熟なところだ…。
でもまさか5〜6番手を追走してたとは…。

はぁ…、41万か…。