ずっと新中京のcourseを考えてたら、一つ気づいた。
直線の長さが400mを超えるのだが、淀も新潟も仁川も千二は内回り。
3場とも内回りの直線は300m台。
他の千二の設定がある札幌・函館・福島・中山・小倉は当然それらより短い。
と言うことは…、千二に於いては中京が日本一直線の設定が長いcourseになるのだ。
果たしてこれがlapにどの様な影響を及ぼすのか?
最後の直線が長くなると言うことは、
当然向こう正面のstart地点から3角までの距離が短くなる。
当然先行争いが激化する。
ただ、直線が伸びたことは騎手たちも重々承知のこと。
となると3〜4角でより緩み易くなるのか?
今でも馬場が悪くなるとたまに瞬発戦になることがあったけど、
もしかして瞬2平5消3くらいの適性値になったりして…。
いや、いくらなんでも千二でそれはやり過ぎか?

まぁとにかく改造すると決まってしまったものは仕方ない。
新中京での開催が始まったら独自のdataを調べて攻略していきたい。