先週、中京スポニチ賞という古馬1000万下のraceが行われた。
これ、牝馬限定だったのだ…。
何が悪いかって、暮れの4回中京と今開催の1回中京の2開催に於いて
古馬1000万下の芝千八のraceは僅か2鞍のみ。
一つは先週の中京スポニチ賞で、もう一つは4回中京開幕週の豊明特別なのだが
この2鞍、どちらも牝馬限定なのだ…。
中京芝千八を使いたい牡馬だっているはずなのに…。
中距離なら二千の名古屋日刊スポーツ杯と尾頭橋特別があるとJRAは思ってるのかもしれないが、
この1Fの違いがかなり違うということをわかってない…。
まぁ2回中京には瀬戸特別が今年は千八として組まれてはいるけど。
まぁそれだけではなく最近のJRAの番組編成には不満が残る。
以前は5回仁川開幕週に組まれていた2歳500万下のエリカ賞が最近なぜか2週目になり、
勝ち馬がclassicへの登竜門ラジオNIKKEI杯2歳Sに出走する場合
中1週という厳しいrotationを強いられることになってしまった。
mileの千両賞を開幕週に移動しても阪神JFには連闘、朝日杯まで中1週しかないし、
この様な何の意味もない番組変更はやめてもらいたい。
まぁこれはあくまでも一例に過ぎず、他にもいろいろある。