でも、いぃこともあった。
それはヒカルアマランサスの京都牝馬S制覇。
しかも1番人気に応えてのものだけに素晴らしい。
あの小倉の新馬勝ちから1年近くが経とうとしてるけど、ついにこの時が来た。
paddockで馬体観て、今以上に未熟だったぼくの馬見力からしても千二の馬には見えず、
もしこれで勝っちゃったらかなりの活躍が見込めると思って注目してたらあっさり勝利。
2戦目の君子蘭賞を勝って期待は確信に変わったけど、
まぁ元々debutに小倉の千二を使った時点で疑問なんだけど
なぜか君子蘭賞から中1週で忘れな草を使ってから歯車が狂い3冠とは無縁…。
だいたいあそこは内回りの忘れな草より除外覚悟でも中2週で府中のフローラSだろ…。
まぁでもそれからは大事に使われて秋以降は安定して結果を残せる様になった。
結局府中でラドラーダに負けて準OPのまま重賞馬に上り詰めた。
そんな単純なもんじゃないけど、やっぱりラドラーダも相当な馬の可能性はある。
ヴィクトリアマイルで2頭の再戦が叶うことを望む。
おめでとうアマランサス!