今日は敢えて武豊fanとして書きたい。
今年、leadingこそ余裕で首位を独走してはいるものの
なんと重賞勝ちはフェブラリーSとファルコンSだけ…。
あまりにも寂しい年になってしまってたんだけど…。
秋の盾1raceだけでウサ晴らしできた。

正直、負けたと思った。
ダイワスカーレットの凄さは重々承知してるつもりだし、やっぱり歴史的名牝だと思った。
だけど、最後は武さんのtop jockeyとしての執念だったのかなとも思う。
ぼくは予想において騎手はあまり考えない様になってきたから
もちろん勝ったのはウオッカが瞬発力も持久力も優れてるからだと思う。
でも、最後の最後僅かでも交わしたのは武さんの執念かも。
まぁそこら辺は人それぞれ考えは違うだろうけど、一武豊fanとしてはそう思う。
最終も1番人気を背負って勝った。
まぁ人気はこの際関係ないんだけど、
なんかこの2raceを観てやっぱり武豊というjockeyは凄いと思った。
めちゃくちゃかっこいぃ人だ。

で…、"ハナ差"はもう一つあるのだ…。
カンパニーが3着に上がってくれてたらまた2万獲れてたのに…。
めちゃくちゃうれしく、めちゃくちゃ悔しい盾の"ハナ差"だった…。