病気のせいで死にたいけど競馬狂いは変わらない。

厩舎のことなんて予想には全く反映しないから気づかなかったけど、
ブラックエンブレムとプロヴィナージュって同じ厩舎なのね。
ブラックエンブレムにはお誂え向きの展開になったって思ったけど、
"なった"んじゃなくて無理矢理"した"って言う方が正解か。
もちろん、批判じゃない。
別にポルトフィーノのfanでもないし、競馬にはrabbitってもんがあるんだし。

プロヴィナージュはdirtは府中で2勝してる明らかに軽いdirt巧者。
しかも芝は軽ハンデとはいえラジオNIKKEI賞で牡馬相手に5着。
この高速馬場が合う可能性は今にして考えればあった。
が、一番やっちゃいけないことだけど彼女の戦績を精査せずにdirt馬と決めつけてしまった。
これは深く反省しなければならない。
lap適性だけならもう平坦型なのはわかってたからばっちりだったんだし。
ポルトフィーノ関連で騒動になったらしいけど、別に騒動になったから絡んだ訳じゃなく
ちゃんと理論的にも狙うべき馬だったのだ。

そして、馬場levelからもlap適性からもこの馬しか見えなかったブライティアパルス。
最初から最後までこの馬ばかり観てたけど、なかなか味な走りを見せてくれた。
離れた3番手追走から内で脚を溜め、直線いぃ感じで伸びてきてくれた。
僅かにプロヴィナージュを捉えることはできずに4着に終わったけど、
ぼくが思ってた以上に力がありそう。
今後も注目の一頭。