もちろん、秋華賞のことなんだけど。
平坦戦の合う2頭。
ダイワスカーレットとレインダンスで勝負するしかないと思い、実行した。
完璧なまでにハマった。
が…、lapを確認してみたら…、上がり4Fは

12.4−11.3−11.1−11.5

という瞬発戦…。
1000m通過が59秒2なのになぜあんな上がり勝負になったのか…。
それは中盤の中だるみに他ならない。
ただ、raceを観返してみるとちょうど速くなった頃、
一気にヒシアスペンがダイワスカーレットに交わされているのだが
もしかしてダイワスカーレットのlapとしては
comma5秒以上速くなってなかったりするのだろうか…??
もしそうなら平坦戦の上がり勝負でレインダンスっていう、
完璧につじつまの合う結果なんだけどなぁ。