仁川は今開催が改修後初の開催となります。
外回りcourseが新設され今週からとにかく観察することが必要ですが、
基本的には今までと変わらない重い芝だそうです。
そんな観点で考察してみます。


イクスキューズ

ファンタジーS組でこの馬が一番course変わりを歓迎するのではないでしょうか。
札幌での2戦が強烈で、重賞ではナムラマースからcomma1秒差でした。
前走がかなり上がりの速い馬場だったので、札幌で好走したこの馬に仁川は味方するのでは。


ルミナスハーバー

mileで未勝利を圧勝した後の前走は千四でした。
雨の影響で少し時計のかかる馬場でしかも流れが速く上がりのかかる競馬で快勝。
しかも未勝利は速い上がりを繰り出しての好時計での圧勝。
開幕週である程度上がりが速くなっても対応できます。
トビの大きな馬で距離延長歓迎のクチです。


アストンマーチャン

前走圧勝で重賞2連勝。
鞍上も鞍上でかなりかぶって人気するかも。
でもやはり折り合い難を抱えるのでこの距離延長は不利。
さて、天才がどう御しますか。


ローブデコルテ

まだ1勝馬で抽選対象ですが、
この馬もcomma6秒ちぎられたとはいえ札幌でナムラマースの2着と健闘。
仁川へのcourse変わりは歓迎でしょう。