武さんが巧く内を突いたとはいえ見事な末脚。
そしてなんと時計は1:58.2!
いや、恐れ入りました。
今日も馬場はよかったとはいえそこまでの高速馬場でもなかったはず。
この夏の大活躍を見ててかなり感じてたことだけど今年の3歳牝馬はほんとlevelが高い。
時計だけで競馬を語ってはいけないのはわかってるけど、それでもこの時計は価値がある。
しかも今日は前が残ってたからシェルズレイとはやっぱり着差以上の差がある。
次は淀の内回り二千だけど無様な競馬はしないんじゃないかな。
ぶっつけのカワカミプリンセスに負けないで欲しい。
サンデー最後の世代、秋華賞こそは。