いよいよ古馬としてのディープの緒戦。
前日追いを敢行したらしく、叩き台にしては仕上げてきたらしい。
馬体重を見る限り、やっぱりこの馬はもう完成しきってるんだろうなと思う。
まぁあれほどの馬に対して更に上を望むのは酷な様だけど、
強欲なぼくはどこかしら寂しいものを感じないわけでもない。
これっていろんな馬に自分のかけた過度な期待を裏切られてきた結果なのかもしれない。
もちろん、それは馬ではなく自分に問題があるわけで馬には何の罪もない。
paddockでも、以前の様な気の悪さを見せてもいない様だった。

そして、競馬は懸念してた通りかかり気味。
ただ、菊ほどではなかった。
向こう正面から徐々に進出すると他馬とは全く違う手応えで4角では一気に2番手にまで押し上げて
直線一気に先頭に躍り出るとあとはもう楽にトウカイトリック以下を3馬身半ちぎり捨てた。
やっぱりこの馬、staminaだけは完全にstayerのそれだろう。
ただ、気性が気性だけにもっと短いところが合うはずなのだが今日は如何せん相手との力が違い過ぎた。
今日のような馬場も向かないはずなのに圧勝。
格が違いすぎた。
とりあえず一安心。
けど次も長いとこなんだよなぁ…。ありえない…。