昼のバイト中、鬱状態で車を運転しながらradioから流れてきた曲。
歌声も気に入ったけど、珍しく詩の内容に魅かれた。
なぜなら、今のぼくにぴったりの曲だったから。
で、さっきnetで試聴。
やっぱいい曲だ。
majorで、しかも普段あんまり聴かないgenreだからalbum試聴しても他の曲はピンと来なかったんだけど
その曲だけやけに耳に残る。
やっぱこういうgenreはナオさんくらい魂に叫びかける唄でないとあんまり興味が沸かない。
まぁナオさんと比べるのはかわいそうってもんだが。
けどその曲は泣ける。

明日は定休日だし、rentalでもできたらまた書きたいと思う。