昼のバイトから帰って早速新馬をcheck。
まずマグダラ
発馬自体に問題はなかったが、一旦下げる。
そのまま中団より後方からraceを進め直線へ。
どうもengineのかかりが遅いのか、伸びてくるのに時間がかかり、直線中頃からようやく差を詰め出し
goal直前すごい脚で追い込んで僅かに届かず3着。
が、member中最速の33秒6の上がりを使っており、明らかに一番強い競馬。
これなら次は確勝。
もっとよくなれば上でも通用するかもと期待できる内容だった。