全然甘いものではなく、いきなりからとはいかなかった。
特に悔やむべくはTUF杯。
けっこうここが勝負のような気がしていたのだが
推奨馬スナークスズランがほぼ勝ったも同然の2着。
しかし思い切って切ったホワットアリーズンが来てしまった。
シャフツベリーは持ってただけにかなり悔しい。
まぁ万券じゃなくてよかったけど。

でも、今日は「レースを選ぶこと」の重要さを学んだ。
函館最終は荒れそうになかったのでケンしたら思った通り人気通り。
明日からも慎重にレースの選択をしていかなければ。