debut時(or 前)にCSでclipを観て好きになったartistを、自分で"発掘"したartistって言ってる(笑)んだけど、
そう、Moetはぼくにとって記念すべき2人目の"発掘"artistなのである。
 
98年はぼくの音楽人生において、素晴らしい年だった。
春に初の"発掘"artistであるナオさんを"発掘"し、夏にはMoetを、そして冬はHikki
まぁHikkiは売れすぎ+音楽性の変化で興味を失ってしまったが…。
てか寛ちゃんsolo debutしたのも98年だっけ。
 
話を戻そう。
MoetはぼくがR&B系の音楽にハマるきっかけを作ってくれたartist。
debut曲であるtr.5"baby baby,Service"を聴いてなんかかっこいぃと思った。
で、それ以後はなぜか耳にする機会にも恵まれなかったんだけど
翌年、ちょうど京都の親戚の家に厄介になっていた頃このalbumがreleaseされた。
少し前にHikkiの1stがreleaseされて聴き狂ってたんだけどこれもかなり聴いてた。
やっぱりぼくの音楽の趣味を語る上で外すことのできないMaestro-Tの存在が大きいのかも。
 
でも、Moet自身にも魅かれる。
声質も好きだし、なんか大人なお姉様って感じ。(笑)
多分listenerもそういう人が多いんじゃないかなぁ。
川本真琴ほどではないとしても、この人も最近あまりreleaseしなくなってるけど
まぁ自分のやりたいpaceでやってくれたらそれでいい。