songs of wind

NO HORSES,NO LIFE. とある精神異常者の理詰めによる万馬券を追い求める日々

March 2021

先週の日経賞の分です。

2021_3nakayama1_11r

先週の春風Sの分です。

2021_3nakayama1_9r

これは…、カレンブーケドール1番人気に尽きる。
あれだけ勝ち身に遅いのに頭で売れるのは美味しすぎた。
それだけ。
あんまり結果出した感はない。



2021_3nakayama1_11r2021_3nakayama1_11r_b

今の中山ダート千二はおかしい。
道悪だった先週もそうだったけど、あれだけテンが速くなるコースなのにやたらテンが遅い。
34秒台とか35秒台とか。
先週の千葉Sは差しが決まりそうと思いながら失敗したけど、ここは前残り狙い。
しかも良馬場で距離こなせる先行馬向きの状況。
お誂え向きに中枠に3頭そんな馬が揃ってた。
目をつけたのはロイヤルバローズだったけど、ここは勝負に出て3頭軸に。
で、3頭のうち2頭が前に出てロイヤルバローズは出脚こそそうでもなかったけど楽に先行できてた。
テンはやはり速くなく34秒4。
直線見事に3頭とも粘って完璧。
馬券の買い方こそ下手だったけど、予想としては言うことなしだった。



2021_3nakayama1_9r

先週の豊橋特別の分です。

2021_2chukyo4_12r

なかなか波に乗れない…。
そんな中、今日一番馬場がわかり易かったのは中京の芝。
3場全部道悪だったけど、中京の芝は完全に内有利。
当然時計も掛かるんだけど、テンはまぁまぁ出る馬場。
じゃぁ短めの距離で先行できる馬が長所を活かせる。
で、選んだのは最終的に11番人気だったビオグラフィー。
好発決めてハナに立ったの観てこれはと思ったけど、直線も手応えよく
しかもやっぱり内しか伸びない。
ムーンライトが来ればなんとか結果出せると思ってたらそのムーンライトが見事に2着。
あれだけ結果出せなかったけど、獲れる時はこんなもんか。



2021_2chukyo4_12r

先週の夕刊フジ賞オーシャンSの分です。

2021_2nakayama3_11r

先週、馬場が固くかなりの時計が出ていた中山の芝。
ただ、火曜にまとまった降雨があり、昨日も少し降っていた。
で、稍重発表の芝。
時計的にもやはり先週ほど出ていない。
ここは前残りか差し決着かどちらも買ってみたのだが、
降雨はあっても前有利は変わっていなかったのか。
まぁ重賞でテン33秒7は明らかにスローだし、
そもそも先行馬が少なくメンバー的にも前残りだけ買うべきだったか。
勝ったコントラチェックはやはり先行してこそ。
千二で2戦結果を残せず人気を落としていたが、
中山マイルのターコイズSではテン33秒9で快勝した馬。
テン33秒7の千二で3番手追走はかなり楽な展開だった。



2021_2nakayama3_11r2021_2nakayama3_11r_b

↑このページのトップヘ