やばい、ハマッた。
昼に起きてから、そしてさっきバイトから帰ってきてから何度見ただろう。
昨日のディープありえない競馬ばかり見ている。
ぼくあのビデオでごはん食べられます、はい。
惚れました。(笑)
まぁ好きって言ってもシャカールとかモノみたいな感覚ではなく、
どちらかというとキセキに対して抱いた、尊敬とか畏敬って感じなんだけど。
だからどっちが好きかって訊かれれば、それは間違いなくシャカールの方が好き。
 
正直、競馬っていつ何が起きるかなんて誰にもわかんないし強い馬が何らかの不利受けたりして負けたりするから
果たして次ほんとに勝つのかなと不安もあった。
でも、なんかあの馬には東京優駿がどうのこうのなんて言う次元じゃないような気がしてきた。
もっと上の次元の競馬じゃないと負けないような気がする。
それくらいぼくには不可解な強さだった。
既に"衝撃"くらいでは言い表せない程である。
ディープが引退するまで、全てのレースをこの目に焼きつけたい。