いよいよ報知杯弥生賞。
超大物の呼び声高いディープインパクトが関東初見参となる。
debutからの2戦、とくに2戦目の若駒Sが桁違いの脚で
既にクラシックはこの馬のものという世間の評価。
武さんのファンであるぼくも、そうであると信じたい。
しかし、相手には去年の2歳champマイネルレコルトがいる。
この馬も相当強いはず。
しかも血統的に中距離でも大丈夫そう。
むしろマイルよりいいのかもしれない。
それにモノの時に痛いというほど馬はいつどうなるかわからないということを
思い知らされてるので余計慎重にならざるをえない。
どうか無事にここを使えますように。
そして、出走が無事叶ったならなるべく速い流れになりますように。
今までスローしか経験がないのでその辺の不安はどうしてもつきまとう。
そのどちらも克服した時、真のクラシック大本命となる時がやって来る。