songs of wind

NO HORSES,NO LIFE. とある精神異常者の理詰めによる万馬券を追い求める日々

いろいろ忙しくてUPするの忘れてた…。
先々週のシリウスSの分です。

2019_4hanshin8_11r

ここ2週で3本目、って思ってたらそう言えばセントライト記念も獲ったからここ3週で4本目の万券。
オッズ的にショボいけどまぁ大きいの獲れてないなりに獲れるところを少しずつ獲ってる感じ。

仁川のダート二千っていう年間でもほとんど買わない条件。
まずメンバー見渡して先行馬が少ない。
しかも1勝クラスの千八で1:51.0が出る馬場。
じゃぁ先行馬から買うしかないでしょってことでメイショウワザシから。
千七に実績ある馬だけど、そんなに速いペースで逃げなくてもよさそうだった。
相手には元は芝を使ってて時計速い決着も実績あるアングライフェンと
ダートに矛先を変えた逃げ馬ヤマカツライデン。
まぁヤマカツライデンはやり過ぎにしても、アングライフェンは鞍上的にも期待できた。

まぁ鞍上、嫌いなんだけど馬券に私情は禁物。
やっぱり腕はあるんだろうね。嫌いだけど。




2019_4hanshin8_11r

先週のながつきSの分です。

2019_4nakayama6_11r

先週のセプテンバーSの分です。

2019_4nakayama6_10r

で、直後のながつきS。
ダートの千二も良とはいえかなり時計の出る馬場。
この状況なら前が速くなれば千四くらいに適性ある馬に有利。
前走で復調気配あるラインシュナイダーは千四以上に実績あり、ここも内から前に行けそうで狙い目。
シャインヴィットゥは速い持ち時計あり、ヒロシゲゴールドはこのメンバーなら力上位。
でも今思うとゴールドクイーンを軸にしてないのはおかしい、自分の理論からして。

結果ハナ切ったゴールドクイーンはテン33秒0で飛ばして後続の脚を封じ込め完勝。
前で粘るシュウジをラインシュナイダーが交わして3連複万券。

馬券は1頭目の軸にシャインヴィットゥが入ってないけど選択忘れ。
3頭軸として買った。



2019_4nakayama6_11r

台風接近中だけど、今日の中山にはさほど影響はなかった。
相変わらずの高速馬場で1分7秒台が出るかという感じ。
ただ、面子を見ると大して速そうには思えない。
まだ内もよさそう。
ってことで前内有利決着前提の馬券を購入。結果大正解。

先手を取ったエンゲージリングはテン33秒6を刻んだけど
今の中山で3勝クラスなら大したペースではない。
結果上がりも34秒0にまとめて後ろからではどうにもならない競馬。
かなり楽に観ていられた競馬だった。
結果的にエムティアンが残った方がついてたみたいなんだけど仕方ない。
まぁ芝の千二で結果出せてよかった。



2019_4nakayama6_10r

月曜の朝日杯セントライト記念の分です。

2019_4nakayama5_11r

セントライト記念と言えば個人的にはキタサンブラックが勝った年の馬券。
意味不明に人気のないキタサンブラックから、内重視で2頭目の軸にブービー人気ウイングチップ。
ハナ差で3連複40万を獲り逃した強烈な悔しさの残ったレース。

で、今年も内有利前提での馬券。
渋ってはいても時計はそこまで掛かっていない、いや寧ろまだ軽いのではないかという馬場。
青葉賞と同じ様な状況。じゃぁリオンリオンは大丈夫じゃないかと。
で、内有利な感じもかなりしてた。
で、なんとなく買った馬券なんだけど、まさかこれで万券とは…。
未だに信じられないんだけど、なんで万券になった??

それより最終の35万…。これを獲れる様な競馬力を養いたい。



2019_4nakayama5_11r

先週のワールドオールスタージョッキーズ第2戦の分です。

2019_2sapporo3_11r

なんか今日は馬券をよく中てられた。
7鞍買って4鞍的中、なんと的中率5割超え。
穴党の自分としては中りすぎ。
とは言えこれ以外は安いんだけど…。

札幌の芝は昨日の雨もあり時計掛かり気味。
実は安いながら芝の千二で行われた直前の10Rも的中したんだけど、
これが見事に外枠3頭での決着。
確かに自分も外差し狙いで買って中ったんだけど、
ならば中距離のここは前残りを狙ってみるのも手では?
自信はないのでBOXを組んでみたんだけど、うまくいった。
結果、1000m通過は61秒2だったけどそこから早め早めのロングスパート勝負になったのか
2:02.4という平凡な時計にしてレース上がり37秒5というダートかと見紛うばかりの消耗戦。
そこで差してきたのが長距離実績あり内枠だったゴールドフラッグだった。
4着のドゥーカを持ってなかったんだけど、後から見返してみればこれは持っとくべき馬だったな…。
爆穴だったし、そこは反省材料。

まぁ、とりあえず結果出せてよかった。



2019_2sapporo3_11r

先週の3歳上1勝クラスの分です。

2019_2kokura5_12r

とりあえず庭のはずの小倉千二で2週連続結果出せた。
人気のメイショウキョウジはmileくらいまで距離こなし、今の時計速い馬場歓迎で仕方ない。
相手にも前内有利想定で3頭選んでなんとなく引っかかった。
なんとなくじゃいけないんだけど、現状ではこういうなんとなく引っかけるのを増やせないとどうにもならない。
あまり会心の一撃って感じではないけど、まぁ結果出せてよかった。

2019年2回小倉3日12R

2019_2kokura5_12r

先週の3歳未勝利の分です。

2019_2kokura3_3r

また1ヶ月開いてしまった…。

2週連続で小倉に行ってたんだけど、今日は番組的にあまりやる気が起きなかった。
古馬の小倉千二にやる鞍がなかったから…。
筑紫特別10頭立てじゃやる気にならない…。
結果的にも大した配当にならずケンして正解。
ならばと午前中の未勝利に手を出してみたら上手くいった。
人気のサトノソレイユはmileで先行して安定した成績。
以前のぼくなら時計の速い馬場は距離こなす馬にはスピードが足りないと勘違いしてたけど
先行できれば時計の出る今の馬場ならまず凡走しないだろうという見解。
あとやっぱり内が有利そうなので最内のグレースベイから。
ステラバローズに関しては1戦しかしてないけど大して負けてないし、人気ないなら。
まさかハナ切るとは思ってなかったけど。

で、結局サトノソレイユが抜け出したけどグレースベイが手応えで見劣る。
それでもゴール前しぶとく伸びて首の上げ下げをなんとか制してくれた。
期待の新人斎藤新で初めての万券。

もうちょっと結果出さないと…。

2019年2回小倉3日3R3歳未勝利

2019_2kokura3_3r

こんな会心の一撃いつ以来だろう…。
川崎初の万券的中は文句なく地方での自己最高配当。

なんか馬場は重いのかと思ったけど、さすがに南関の馬場はよくわかってない。
ゴールドクイーンかサルサディオーネかどっちかがハナだろうとは思ったけど、
どちらがハナかで全然違う競馬になるんじゃないかと思い、
ゴールドクイーン頭の3連単とサルサディオーネが残った場合の3連複も買った。
結局ゴールドクイーンがハナを切り切れずサルサディオーネがハナ。
サルサディオーネの人気がないのわかってたからこの時点でかなり期待してたんだけど、
直線向いてファッショニスタが抜け出してサルサディオーネが粘る期待通りの展開。
どれが来ても的中状態の中で、けっこう色気を持って買った
単勝310.1倍のローレライが最内強襲!
さすがにこのオッズの馬で的中したの初めてじゃないかな…。
爆穴党の面目を保てて本当によかった。
サルサディオーネもローレライも2本目の万券的中、ありがとうございます!m(__)m



2019_4kawasaki3_11r

先週のウッドバイン競馬場賞パラダイスSの分です。

2019_3tokyo8_11r

また1ヶ月結果を出せなかった…。
ただ、なんとかまともな予想に近づきつつはある。

ようやく納得のいく配当となったパラダイスS。
前日からの雨で3週前までの高速馬場とは明らかに違う。
時計はかかるけどあまり後ろからの外差しもよくない。
ある程度の位置につけることも重視。
ショウナンライズは府中の千四に変わり、先行できそう。
キョウワゼノビアは時計かかり気味の馬場が合う。
テトラドラクマは最内に入り、上がりかかればで選択。
結果、トミケンキルカスが無理しなかったことによりツーエムマイスターの単騎。
ドスローからの上がり勝負になり、前残り決着。
キョウワゼノビアは福島の千二(福島中央テレビ杯)でもお世話になってて
2本目の万券的中となった。



2019_3tokyo8_11r

昨日の東京優駿の分です。

2019_2tokyo12_11r

正直、目黒記念の方がまだ穴狙いし易かった。
でも、どうしてもサートゥルナーリアがそこまでの馬という感覚も持てなかった。

どうにかして穴馬を探し出そうとした結果、結局は前内有利の高速馬場で最内枠の先行馬。
血統に疎いぼくには、ロジャーバローズがディープ産駒だなんて終わってから知ったくらいのもの。

Cコースに変わって土曜から思いっきり前残りが頻出。
京都新聞杯のレベルなんてたかがしれたものだったかもしれない。
確かに力は皐月上位3頭が上としか思えなかった。
でも、やっぱりあぁいう特殊状況下ではぼくみたいな穴党は穴馬から入らないと絶対後悔する。
前回の万券から既に1ヶ月が過ぎようとしてたけど、やっと獲れた…。

結局リオンリオンが1000m通過57秒8という玉砕逃げ。
こういう競馬で離れた2番手、ロジャーバローズにはお誂え向きの展開。
正直57秒8って見た時にもしやって思った。
直線向いて手応えもよさそうに見えたし、上がりもかかって後ろからは脚を使えない。
こういう競馬だとやっぱり前内有利。
ダノンキングリーも抜けてきて後は3着争い。
サートゥルナーリアが先に抜け出してきてたけどヴェロックスが差してきてる!
「交わせ!交わせ!」って久々に叫んだ。
まぁこれでも安いけど…。

とりあえず安田記念を前に結果を出せてよかった。



2019_2tokyo12_11r

エアスピネル
エアアンセム
エアウィンザー
エアマスカーニ
ブライトンロック
テトラドラクマ
ウインフェニックス
スターオブペルシャ
アルアイン
ペルシアンナイト

疾病等で削除された馬にネットで投票できないとか改悪もいぃところ…。
ダンビュライト様ごめんなさい…。

↑このページのトップヘ