songs of wind

NO HORSES,NO LIFE. とある精神異常者の理詰めによる万馬券を追い求める日々

こんな会心の一撃いつ以来だろう…。
川崎初の万券的中は文句なく地方での自己最高配当。

なんか馬場は重いのかと思ったけど、さすがに南関の馬場はよくわかってない。
ゴールドクイーンかサルサディオーネかどっちかがハナだろうとは思ったけど、
どちらがハナかで全然違う競馬になるんじゃないかと思い、
ゴールドクイーン頭の3連単とサルサディオーネが残った場合の3連複も買った。
結局ゴールドクイーンがハナを切り切れずサルサディオーネがハナ。
サルサディオーネの人気がないのわかってたからこの時点でかなり期待してたんだけど、
直線向いてファッショニスタが抜け出してサルサディオーネが粘る期待通りの展開。
どれが来ても的中状態の中で、けっこう色気を持って買った
単勝310.1倍のローレライが最内強襲!
さすがにこのオッズの馬で的中したの初めてじゃないかな…。
爆穴党の面目を保てて本当によかった。
サルサディオーネもローレライも2本目の万券的中、ありがとうございます!m(__)m



2019_4kawasaki3_11r

先週のウッドバイン競馬場賞パラダイスSの分です。

2019_3tokyo8_11r

また1ヶ月結果を出せなかった…。
ただ、なんとかまともな予想に近づきつつはある。

ようやく納得のいく配当となったパラダイスS。
前日からの雨で3週前までの高速馬場とは明らかに違う。
時計はかかるけどあまり後ろからの外差しもよくない。
ある程度の位置につけることも重視。
ショウナンライズは府中の千四に変わり、先行できそう。
キョウワゼノビアは時計かかり気味の馬場が合う。
テトラドラクマは最内に入り、上がりかかればで選択。
結果、トミケンキルカスが無理しなかったことによりツーエムマイスターの単騎。
ドスローからの上がり勝負になり、前残り決着。
キョウワゼノビアは福島の千二(福島中央テレビ杯)でもお世話になってて
2本目の万券的中となった。



2019_3tokyo8_11r

昨日の東京優駿の分です。

2019_2tokyo12_11r

正直、目黒記念の方がまだ穴狙いし易かった。
でも、どうしてもサートゥルナーリアがそこまでの馬という感覚も持てなかった。

どうにかして穴馬を探し出そうとした結果、結局は前内有利の高速馬場で最内枠の先行馬。
血統に疎いぼくには、ロジャーバローズがディープ産駒だなんて終わってから知ったくらいのもの。

Cコースに変わって土曜から思いっきり前残りが頻出。
京都新聞杯のレベルなんてたかがしれたものだったかもしれない。
確かに力は皐月上位3頭が上としか思えなかった。
でも、やっぱりあぁいう特殊状況下ではぼくみたいな穴党は穴馬から入らないと絶対後悔する。
前回の万券から既に1ヶ月が過ぎようとしてたけど、やっと獲れた…。

結局リオンリオンが1000m通過57秒8という玉砕逃げ。
こういう競馬で離れた2番手、ロジャーバローズにはお誂え向きの展開。
正直57秒8って見た時にもしやって思った。
直線向いて手応えもよさそうに見えたし、上がりもかかって後ろからは脚を使えない。
こういう競馬だとやっぱり前内有利。
ダノンキングリーも抜けてきて後は3着争い。
サートゥルナーリアが先に抜け出してきてたけどヴェロックスが差してきてる!
「交わせ!交わせ!」って久々に叫んだ。
まぁこれでも安いけど…。

とりあえず安田記念を前に結果を出せてよかった。



2019_2tokyo12_11r

エアスピネル
エアアンセム
エアウィンザー
エアマスカーニ
ブライトンロック
テトラドラクマ
ウインフェニックス
スターオブペルシャ
アルアイン
ペルシアンナイト

疾病等で削除された馬にネットで投票できないとか改悪もいぃところ…。
ダンビュライト様ごめんなさい…。

先々週の高瀬川Sの分です。

2019_3kyoto3_12r

やっと来た…。
淀のダートは良まで回復してたけど朝は稍重だったし、上がりも出ててまぁ軽そう。
スマートレイチェルは単騎の逃げが見込めたし、アディラートは軽い馬場いぃ。
3着に差してくる馬で期待したのは少し長めの距離で結果出してる馬。
サザンヴィグラスは中央入りしてから千二使ってたけど門別ではマイル以上で走ってた。
この距離延長、見逃せなかった。



2019_3kyoto3_12r

先週のWINS後楽園開設70周年記念春雷Sの分です。

2019_3nakayama6_11r

先週の中山の芝は高速馬場。
上がりも出ていて、となれば狙いは少し長めの距離をこなす馬。
人気のレジーナフォルテは時計もテンも速く仕方ないとして、
ビップライブリーは元々千四やマイルで走ってた馬。
近走千二でも位置はある程度とれていた。
まさか2番手追走とは思ってなかったけど、テン33秒9は速くない。
そうなればこの馬には楽になる。
外からカイザーメランジェが突っ込んで楽に万券獲れた。



2019_3nakayama6_11r

先週の房総特別の分です。

2019_2nakayama5_9r

ここ最近自分の中で考えてたことがあって、週中に違う形ではあったけど
なんとか形にすることができた。
で、それを作る上で使ってたのがこの房総特別。
中距離での爆穴馬券を目指してはいるけどやっぱりぼくの庭は芝のスプリント。
週中からシャドウノエルには注目してて、結局直前でもこの馬中心の考えは変わらなかった。
ラッシュアウトも現級勝ち鞍のあるコースにしては人気がない。
緩いペースでいければって感じで軸にしてみたら見事にハマッた。
できれば3着はタイセイブレークの方がよかったんだけど仕方ない。
とりあえず新しい予想法で一発目で結果を出せてよかった。



2019_2nakayama5_9r

昨日の阪急杯の分です。

2019_1hanshin2_11r

やっと来た…。

格付けとは裏腹に阪神Cよりも明らかにメンバーが揃った一戦。
開幕週らしく時計が出るからやはりマイルくらいを戦えるくらいでないと厳しい。
ロジクライはマイル戦での実績充分、馬場も合う。
中団からの差しにはなったけど、思った通りジリジリ差を詰めてきた。
内有利ではあるだろうと思い、ここでは力が上のレッツゴードンキと
マイル実績と先行力・追走力からヤングマンパワーを軸にした。
ヤングマンパワーは先行できなかったな…。
一応拾っといたスマートオーディンが大外から吹っ飛んできてくれたお陰で獲れた。
この馬を軸にできる競馬力を養いたい。



2019_1hanshin2_11r

昨日の淀短距離Sの分です。

2019_1kyoto5_11r

先週の日経新春杯の分です。

2019_1kyoto4_11r

昨日のはともかく、今日の淀短距離Sは完璧に中てられた。
外差し、時計が出ないしス大して速い流れにはなりそうにない。
上がりがかかるから外から一気に瞬発力を使える場面。
(瞬発力=速い上がりではない)
新潟直千に実績あるナインテイルズは元々は時計の掛かる馬場を得意にしていた馬。
ここは外から伸びる姿を期待できた。
そして、ティーハーフの瞬発力。
これを予想できる様になったのは競馬力がついてきてる証拠だと思う。
直線はもう自分の思い描いた通りのことが起こり過ぎて逆に怖いくらいだった。
今日のは自慢してもいぃよね。



2019_1kyoto5_11r

獲れるところできっちり獲ることは大事なんだろうけど…、
こんなんじゃとてもじゃないけど自慢なんてできない…。
恥ずかしい…。
回顧する気にもなれない…。



2019_1kyoto4_11r

先週の阪神Cの分です。

2018_5hanshin7_11r

地獄を見た…。
まぁまだまだ地獄の最中だけど…。
買っても買っても中らない。
いったいいくら損してるんだろう…。

やっと来た…。
できれば条件戦で結果出したいけど贅沢言ってられない…。

今開催の仁川の芝は時計が出てたけど
先週から雨の影響が出てきてて昨日今日また降って時計掛かり気味。
これなら大して速いペースにはならないんじゃないかと
逃げられそうな阪急杯勝ち馬で内枠のダイアナヘイローに期待。
ミスターメロディは時計掛かる芝での実績あり、内枠で2頭目の軸に推せた。
で、やけに人気落としてたスターオブペルシャは拾ったっていうより
軸に推そうかと思ったくらい。
なぜあそこまで人気なかったのか意味不明。

さ、次はいったいいつになることやら…。



2018_5hanshin7_11r

↑このページのトップヘ